プロ仕様のデザインバインダー

今回のBindmanには、表紙がアクリルタのものと、アルミの2タイプがある。

タツノ bindman バインドマン
アクリル表紙タイプの他、
アルミタイプもある。

一見すると、スタイリッシュなデザインステーショナリーといった印象を受けるが、その細部には、プロの現場で認められてきたこだわりがちりばめられている。

タツノ bindman バインドマン
背の幅は38mmと53mmの2タイプ

バインダーの命、それは綴じ部分だ。先ほどもご紹介したように自治体では、日々何回もバインダーの開け閉めが繰り返される。そうした状況でも耐えられるようリングには、頑丈なダイキャストが使われている。

タツノ bindman バインドマン
とじこむと、微妙にカーブを描くリング

リングを支える背の部分はたっぷりと書類を綴じた状態でも、バインダーを楽々書棚から出し入れできるよう、軽量素材のアルミが使われている。アルミは、ダイキャストに比べて、どうしても強度面では劣ってしまう。しかし、背の上下を折り込む加工を施すことで、強度を高めている。頑丈さだけでなく使い勝手もしっかりと考えられているのだ。

タツノ bindman バインドマンタツノ bindman バインドマン
アルミを使い軽量化を計った背
背の上下は折り込み加工により
強度を確保