世界中に手紙を届ける郵便。ポスタルコ(POSTALCO)ではこうした手紙を含めた色々な紙を快適に運ぶということをコンセプトに様々なオリジナル商品を作り続けている。そのポスタルコが、このほどペンケースを発表した。こんどは紙ではなくペンを快適に運ぶというものだ。

POSTALCO ツールボックス ファウンテンペンケース
ポスタルコとしては、はじめてとなるペンケース


ペンケースでありながらペントレイにもなる

POSTALCO ツールボックス
ツールボックス 16,800円。 H85mm × W201mm × D30mm

まず、はじめにご紹介したいのが「ツールボックス」という名のペンケース。ツールボックスと言っても、そうしたイメージはあまりなくポスタルコらしい上品なデザイン。ただ、ちょっとペンケースにしてはおおぶりな印象がある。

POSTALCO ツールボックスPOSTALCO ツールボックス
圧縮コットンと植物でなめされたしなやかなレザーのコンビネーション。ポスタルコならでは組み合わせだ。
ボタンの表面には溝が掘られている。デザイン面と指にかかりやすいという機能面も両立。

しかし、これはまさしくツールボックスなのである。それは、中身をあけていくことでわかっていくことになる。

ボタンをパチンとはずすと、ケースが開く。しかしその開き方がちょっと変わっている。

開けた時に、ケースの裏側が半分に折れ曲がって、内側が立ち上がり、2つの収納スペースが現れる。全く違ったスタイルになるその動きは、まるで飛び出す絵本を見ているようだ。収納スペースを2つに分けたことで、それぞれとても浅めになっている。実は、このことはペンケースにとって、とても都合がよい。それは中のものが簡単に取り出すことがきるからだ。これは、ポスタルコのデザイナーでもあるマイクさんが、これまでのペンケースだと、ペンを探すたび、中をごそごそとあさらなくてはならず、かねがね不便と感じていたというのがきっかけとなっている。

POSTALCO ツールボックスPOSTALCO ツールボックス
ボタンをパチンと開け、
本体を折り曲げるようにすると、

POSTALCO ツールボックス
2つの収納スペースが出現する。


浅めとは言え、十分なマチがあるので、たっぷりと収納できる。その収容量は鉛筆で言うと、3ダース 36本を誇る。ペンだけでなく、スティック糊、三角スケール、太めの蛍光ペンなども軽々と飲み込んでくれる。

POSTALCO ツールボックスPOSTALCO ツールボックス
これだけたくさんのペンやツールを
ひと飲みならぬ、
ふた飲みにしてくれる。

POSTALCO ツールボックス
削りたての真新しい鉛筆も入る長さ。これをクリアした大人のペンケースは意外と少ない。

また、広げた状態では机の上で、しっかりと自立してくれる。つまりペントレイにもなってくれるのだ。工具などを入れておくツールボックスは、フタを開けると、段々に広がって中のものが探しやすいようになっているが、今回のものも、中のものが探しやすいという点が、実にツールボックス的と言えると思う。

POSTALCO ツールボックス
閉じている時よりも、広げた時の方がスペースをとらない。カフェなど限られたスペースでは、特に助かる。

使い終わって閉じる時は、2つの収納スペースはうまい具合に重なり合って、少しのすき間もなく、完全に元の姿に戻る。

POSTALCO ツールボックスPOSTALCO ツールボックス
使い終えて、仕舞う時は両サイドを元にもどしていく。
いっぱいに詰まった中身がこぼれでるこなく、実にうまくかみ合い、

POSTALCO ツールボックス
少しのすき間もなく元に戻る。

たくさん収納しているのに、スマートに携帯でき、しかも中のものが取り出しやすい。そして、この開け閉めのカラクリがなんとも楽しい。大人のためのツールボックスだ。

POSTALCO ツールボックス
見た目以上に機能的なツールボックス