万年筆の価格は、上は希少性の高い素材を使うなど、高いものをつくることはある意味いくらでもできそうだ。一方、低価格でとなると、これはなかなか一筋縄ではいかない。安くするにはやはり限界というものがあると思う。

そうした中、プラチナ萬年筆が今年の初めに「プレピー」という万年筆を発売した。その価格はなんと210円。これはもう、ボールペンと同じくらいだ。

プラチナ万年筆 プレピー
プラチナ萬年筆 プレピー・万年筆〈03〉

低価格でありながら、そこはさすが老舗万年筆メーカーだけあって、万年筆らしさをしっかりと盛り込んだものになっている。

今回はプラチナ萬年筆社にお邪魔して、そのこだわりをたっぷりとうかがってきた。


プラチナ萬年筆とカートリッジの深いかかわり

プレピーというシリーズは、もともとサインペン、蛍光マーカーが先に発売されていた。そのいずもれも使い捨てではなく、カートリッジインク式になっているという特徴をもっている。

環境問題が叫ばれているという世の中の流れも、もちろんあるが、実は、プラチナ萬年筆とカートリッジインクとの間には深いかかわりがある。なにを隠そう、カートリッジ式の万年筆を初めて発売したのは、プラチナ萬年筆なのである。

カートリッジインクという得意分野を活かしたプレピーに、同社の十八番である万年筆を満を持して送り出してきたのである。

プラチナ万年筆 プレピー
万年筆のインクのカラーバリエーションは全6色


細部にわたってしっかりと作りこまれている

プラチナ万年筆 プレピー
カートリッジインクは、
プラチナ萬年筆の定番のものが使われている。

プレピーを店頭で買って、まず行わなければならないのが、カートリッジインクをセットするということだ。ある程度の価格の万年筆であれば、なにも珍しいことではない。しかし、こうした低価格帯ではあまり見かけないように思う。

とりわけプラチナ社のカートリッジのセットは気持ちいいものがある。どういうことかと言うと、同社のカートリッジインクの先端にはボールベアリングがついているという特徴がある。

プラチナ万年筆 プレピープラチナ万年筆 プレピー
カートリッジは半透明になっているので、インクの色、残量が一目瞭然
先端には
ボールベアリングが見える

そのボールがある側をペン先ユニットにグイと差し込むと、カチッと玉が外れてカートリッジの中に入っていく。この独特な感触とボールがカートリッジにの中にコロンと転がっていくのが何とも楽しい。この様に、このボールはカートリッジのフタとして機能していることもあるが、もうひとつ全く別な役割もある。それはインクを最後まできれいに使い切るということだ。同社のカートリッジは比較的長いため、どうしてもカートリッジの中にインクが残ってしまうことがある。そこで中に入ったボールがカートリッジの中で、コロコロと転がることで、内壁についたインクをペン先に呼び込むことができるのだ。これはプラチナ萬年筆が世界に先駆けて開発した特許技術である。

プラチナ万年筆 プレピープラチナ万年筆 プレピー
カートリッジをグッと差し込むと、
ボールベアリングが
カートリッジの中に入り込む

プラチナ万年筆 プレピー
透明感あふれるスケルトンボディ
全身総スケルトンボディになっているので、ボディ越しからでもカートリッジのインクの残量を確認することができる。同じくスケルトンになっているキャップに目を移してみると、面白いものがついているのに気づく。それは、キャップの中にも小さなキャップがあることだ。

プラチナ万年筆 プレピー
キャップの気密性を高めるため
インナーキャップを備える

これは同社の高級万年筆にも採用されているインナーキャップと呼ばれるもの。ご存知のように、万年筆はペン先が空気に触れたままだと、乾燥してしまい書きづらくなってしまうことがある。万年筆にとっては、キャップの気密性はとても重要な問題だ。関心してしまったのは、インナーキャップの付け根にはバネがあり、ペン先をしっかりと密閉できるようになっている。こうしたことにより、書き出しから快適な筆記を楽しむことができる。

プラチナ万年筆 プレピー
おそらくこの手の価格帯のでは、
こうしたインナーキャップがあるのは珍しいと思う。