シングルのひざ上丈がベスト

丈の長さはひざ上あたりがベスト。長すぎても、短すぎてお尻が見えてしまうものダメです。シングルブレステッドでセンターベントのものが動きやすくおススメです
<トップコート選びと着こなしのポイント>
●スーツやジャケットと同じサイズ
●スリムなシルエット
●防止加工のコットンギャバジン
●シングルブレステッドのセンターベント
●丈はひざ上あたり。長すぎるもの短すぎるものダメ
●まずはダークカラ―を買う。そして、次にチェック柄を
●ボタンは留めずに羽織って着る
●ステンカラ―を立たせる

トップコートの形は、ダブルよりもシンプルなステンカラーのシングルブレステッドが軽快な印象を与えます。これならば、まず失敗することはありません。また、丈はひざ上あたりになるのがちょうどよく、センターベントがあれば動きやすくなります。丈は長すぎても、ヒップがカバーしきれないほど短くてもダメ。トップコートをはじめて買う人はネイビーやブラックといったダークなのものを選ぶのがよいでしょう。

一方、ベージュという選択もありますが、あまりにもベーシックすぎるのであまりおススメできません。そして次に買うのはタータンチェックか、グレンチェックの格子柄のものを選んでみるのがよいと思います。オーソドックスな柄のトップコートはダークカラー同様、トレンドに左右されず、長く着られるからです。

最後にトップコートの着こなし方ですが、羽織る感じでボタンは留めず、ステンカラーを立てて、軽快に着こなすのがコツです。スーツの上にトップコートを重ねて、スタイリングを楽しみましょう。


【最新記事】
カバーソックスを“イキ”に履きこなす
今季はカラフルなデッキシューズで!
ハンチング帽をカッコよくかぶるコツ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。