チェックとレジメンタルを合わせる場合

レジメンタル・ストライプは、カジュアルにもフォーマルにも合わせられる柄です。ちょっとかしこまった印象になります
【ポイント3】カジュアルなイメージをつくるにはチェック柄のネクタイ
カジュアルなイメージにする際に活躍するのがチェック柄のネクタイです。ジャケットにジーンズを合わせる時など、タータン・チェック柄のネクタイがよく合います。この場合、色は明るめでマルチカラーのものを選ぶとよりカジュアルさが訴求されます。

【ポイント4】かしこまった印象をつくるにはレジメンタル・ストライプ柄のネクタイ
レジメンタル・ストライプは、ちょっとかしこまった印象に最適。ビジネススーツでのフォーマルな装いをはじめ、カジュアルなコーディネートでちょっとかしこまりたいときにも、このストライプ柄のネクタイでOKです。ストライプ柄をより印象づけるために、シャツには白、グレー、ブラウン、ブルーなどのライトカラーを合わせましょう。


今回は、柄が与える印象別のネクタイ選びのコツを紹介しました。ネクタイの柄を変えるだけでずいぶんとコーディネートの印象が違うものになります。ネクタイの柄がどのような印象を与えるのかを知って、毎日のネクタイ選びに役立てて下さい。


【最新記事】
この春に着こなすアンコン・ジャケット
女性に好印象を与えるアクセサリー
ネクタイの柄選びのコツ その1

※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてィ知らせします。
登録はこちらから。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。