ウィンザー・ノット

ウィンザー・ノットを結ぶコツは、ノットが左右対称の逆三角形になるように整えることです。フォーマルな印象を与えるには、このウィンザーノットが最適です
ウィンザー・ノットは英国のウィンザー公が創案し、流行させた結び方として知られています。かなり複雑なネクタイの結び方ですが、フォーマルな印象に仕上げるにはこのウィンザー・ノットが最適。

プレーン・ノットよりも結び目の三角形が大きくなり、たっぷりとボリュームが出ます。ワイドカラーのシャツとの相性が良く、ブリティシュ・スタイルにマッチする結び方です。生地が薄めのネクタイの方がきれいに、そして簡単に結ぶことができるでしょう。

結び方のコツは、結び目の三角形がきれいな左右対称になるように調整しながら結ぶこと。そして、ネクタイを結びはじめるときに、大剣側を長くとることです。そうしないと、結んだあとにネクタイが短くなりすぎたり、大剣側が小剣側よりも短くなって不格好になってしまいます。

プレーン・ノットとウィンザー・ノットのネクタイの結び方の手順は、
アラ商事のウェブサイト内のネクタイの結び方」を参照して下さい。次回も、引き続き、知っておきたいネクタイの結び方をご紹介します。


【最新記事】
ネクタイの柄選びのコツ その2
ネクタイの柄選びのコツ その1
女性に好印象を与えるアクセサリー



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。