男の下着はファッションアイテム

ラシャス東京の店内にはカラフルなアンダーウエアがたくさんディスプレイされています。
男性の下着で代表的なものはブリーフとトランクス。一昔前までは、男性の下着と言えば、白の無地のブリーフか、あまり色気のないトランクスが主流でした。しかし、ここ数年の男の下着の傾向は、デザインが凝り、機能性に優れた履き心地のよいものになっています。その理由として考えられるのは、下着などの見えない部分のみだしなみにもこだわる男性が増えてきているためです。

それに加えて、近頃の10代、20代の男性の間では、ジーンズから下着を見せるスタイルが人気となり、下着は立派なファッションアイテムとして定着しています。下着にこだわる男性は、百貨店やインターネットなどで下着を買うことが多いようですが、最近では専門店も増えてきています。今回は、東京の原宿にオープンしたメンズ下着専門店「Luscious TOKYO(ラシャス東京)」を紹介しましょう。

下着専門店「ラシャス東京」

ラシャス東京は、男性下着を製造・販売しているモイストが原宿の竹下口交差点の近くの裏原宿にオープンしたメンズの下着専門店。約20坪の店内には、同社のオリジナルブランドである「RASIA(ラシア)」をはじめ、国内外の10以上のアンダーウエアブランドを販売しています。ラシャス東京の人気ブランドをいくつか紹介しましょう。

■ OVER THE TWELVE (日本)4,935円
ラシャス東京の数あるブランドの中でも、最も人気のあるブランドの一つ。お尻のバックの位置にポケットがついたデザインとヴィヴィッドなカラーが人気。一番人気のカラーはピンクです。
OVER THE TWELVE


■ QZ Bodywear(イギリス)44,100円
世界的に有名なクリスタルのメーカー、スワロフスキー社も公認しているデザインのアンダーウエア。側面にデザインされたスワロフスキーのクリスタルが豪華です。あのサッカー選手のベッカムが着用していることで話題となりました。スワロフスキーのクリスタルを使用しているだけあってかなり高額の下着です。
QZ Bodywear



次のページでは、引き続き、ラシャス東京で販売している下着ブランドを紹介します。


【関連記事】
■最新記事
夏でも爽快なサラサラ肌をキープしよう!
クインクラシコ おすすめインポート靴
仕立て職人のいる店 サローネ フィオーレ