オイリー肌の原因は肌の水分不足

今年も梅雨に入り、ジメジメとした暑い日々が続いています。クールビズでいくら涼しい格好をしようとも男の肌は、額から汗が吹き出し皮脂でベタベタになります。そのために顔はテカって清潔そうに見えないばかりか、不快感で嫌な気分になります。この過剰な皮脂とテカリの原因は、肌内部の水分不足。したがって、適切なスキンケアを行えばよいのです。今回は、夏の男の顔のテカリを防止する正しいスキンケアの方法と、いざという時に役立つテカリ防止グッズを紹介しましょう。

朝夕二回の洗顔を

顔を洗うときは、必ず洗顔剤を使用すること。普通の石鹸では絶対に洗ってはいけない。
まずは、基本的な洗顔から。朝起きると脂が浮いて、顔がテカっている人がいます。その原因は、寝ている間に分泌される過剰な皮脂。したがって、まず朝には必ず洗顔剤を使って顔を洗うことが大切です。寝ている間に蓄積された過剰な皮脂と汚れを落とし、肌を清潔にしましょう。洗顔で気をつけたいのは、自分の肌にあった洗顔剤(フェイシャルクレンザー)をきちんと選ぶこと。普通の固形石鹸で顔を洗ってはいけません。皮脂や肌内部の水分を除去しすぎてしまうからです。皮脂や水分を取り除きすぎると肌内部が乾燥し、それを補おうと余計に皮脂が分泌されるという悪循環が起こります。乾燥肌の人はうるおい成分が残るような弱酸性の洗顔剤を、オイリー肌に人は泡立ちがよく毛穴の皮脂までもしっかり浮かして洗える洗顔剤を使いましょう。洗顔は必ず朝夕の2回、行って下さい。

※洗顔剤の選び方は、「男前をつくる正しい洗顔剤の選び方」こちらをご覧下さい。

※洗顔の手順は、「イイ男は顔の洗い方で差をつけろ!」こちらを参考にして下さい。

洗ったあとは必ず潤いを与える

朝に顔を洗ったあと、次にすべきこと。それは保湿剤(モイスチャライザー)でしっかりと肌に水分を補給することです。オイリー肌でギトギトの肌の人は、自分の肌が潤っているものだと勘違いしがちです。しかし、実はその反対。潤って見えるのは水分ではなく、アブラ。つまり、肌の内部が乾燥しているために、水分不足を補おうとして過剰な皮脂が分泌されてしまうのです。だから、朝夕の洗顔後は、モイスチャライザーでしっかり保湿をすることが大切です。

洗顔と保湿、これらはスキンケアの基本ですが、これですぐにオイリー肌のテカリを改善できるわけではありません。これは、過剰な皮脂分泌を防ぐために肌を健康的な状態にする基本的なケアだと考えて下さい。洗顔と保湿をしっかりしても、夏にはやっぱり顔がギトギトになると悩む男性はたくさんいます。そんな男性のために、オイリー肌とテカリ顔に即効性のあるグッズを紹介しましょう。

次のページでは、サラサラ肌をキープするメンズ化粧品をご紹介します。


【関連記事】
■最新記事
クインクラシコ おすすめインポート靴
仕立て職人のいる店 サローネ フィオーレ
人気の“木の庄帆布” 新丸ビルにオープン