たかが靴下、されど靴下

毎日履く靴下、どのように選んでいますか?着るスーツに合わせて。それとも……。写真:©Balqis Image from BigStockPhoto.com
男のお洒落は足元からと言います。足元と言えば、靴と靴下。男性で靴にこだわる人は多いようですが、さて靴下はどうでしょう? スーツに革靴を履く時とジーンズにスニーカーを履く時、面倒くさいからなどと言って、同じ靴下を履いたりしていませんか? 靴下なんて何を履いても目立たないから大丈夫と思っているのでは?

確かに靴下は目立たないものですが、見えるときは結構、目立ってしまうものです。たかが靴下、されど靴下と言えるでしょう。そこで今回は、スーツを着こなすときの靴下選びのコツをご紹介します。

スーツを着るときの靴下選びのコツ

(1)パンツか靴の同系色
靴下の色はパンツ、もしくは靴と同系色のものを選びます。ネイビーのスーツを着るときは紺系。ブラウンの靴を履くときには、茶系の色の靴下を選びます。それは、靴下の色をできるだけ目立たないようにするためです。たまにスーツ姿にスポーティな白の靴下を履いてる人を見かけますが、スーツに白のソックスは御法度。白はカジュアルの着こなしの時だけに履くようにしましょう。

(2)厚すぎず、薄すぎず
靴下の素材は綿、ナイロン、カシミヤなどさまざまなものがありますが、スーツを着こなすときの革靴にはどんな品質のものでも厚すぎず、薄すぎないものを選ぶのがコツです。ゴワゴワで厚すぎるとカジュアルっぽくなり、スーツには会いません。逆にスケスケで薄すぎると、オジサンぽくなってしまいます。

次のページでは、引き続き、スーツを着るときの靴下選びのコツを紹介します。


【関連記事】

■最新記事
シルエットに変化!2007年ジーンズ予測
上品に見せるマフラーの巻きワザ
綺麗な結び目をつくる ネクタイ結びのコツ