ヒゲのタイプと印象づけるイメージ

それでは、ヒゲのタイプにはどのようなものがあるのだろうか?たくさんある中で代表的なものを5つ選び、それらのヒゲがどのような印象を与えるかを紹介しよう。(画像提供:カミソリ倶楽部

■カイザル髭
鼻下に細くのばした口ひげ。昔の軍人などによく見られる、先端をピンと跳ね上げた口ヒゲだ。画家のダリやファッション・デザイナーのジョン・ガリアーノが生やしている髭と言えば分かるだろうか。よく言えば利巧そうに見えるが、きざで革新的なイメージを与えるヒゲだ。


■コールマン髭
鼻下に濃く太く伸ばした口ひげ。俳優のトム・セレックや大竹まこと、藤達也などが生やしている口ヒゲ。時代を問わず、ダンディで男らしい力強さと知的で洗練されたイメージを与える。髭の濃い人には向いているが、薄い人は生やすのが難しい。


■カコミ髭
鼻下の口ひげからあごにかけて伸ばしたひげ。英語では、フル・ゴーティエ(Full Goatee)(ヤギのひげという意味)と言う。ファッショナブルな業界人的なイメージを与える。毎日のきちんとした手入れを必要とするヒゲだ。


■フジ髭
あごの部分だけに伸ばしたあごヒゲ。俳優のブラッド・ピットがしていたことで有名。今ではファッショナブルなイメージも強いが、もともとはヒッピー的な自由奔放のイメージを与えるタイプのヒゲだった。あごのラインの弱い人が、アクセントをつけるために生やすとよく似合う。


■カストロ髭
鼻下からあご、もみあげにかけて伸ばしたヒゲ。三国連太郎がこのタイプのヒゲを生やしていることも。男性的かつ粗野なイメージを与えるヒゲだ。あごのラインの弱い人や顔の幅の狭い人に特によく似合う。


次のページは、基本的なヒゲの生やし方について。



【関連記事】
なぜ身だしなみが必要なのか? 「大人のイイ男」の条件

■シェービング
イイ男になるシェービング術(1) 髭はウエットで剃るか?それともドライ?
イイ男になるシェービング術(2) ウエットシェービングの基本

■スキンケア
男の顔はこれで磨け!2005年 メンズ洗顔スクラブ ベスト5
イイ男になるスキンケア術(1) 男にスキンケアが必要な4つの理由
イイ男になるスキンケア術(2) 自分の肌質を正しく理解しよう
イイ男になるスキンケア術(3) 男前をつくる正しい洗顔剤の選び方
イイ男になるスキンケア術(4) イイ男は顔の洗い方で差をつけろ!
イイ男になるスキンケア術(5) 肌タイプ別!男の肌を手入れするアイテムはこれだ