羊屋でコートをオーダーしました


羊屋
気軽に羽織れるコートですが、仮縫いは行います。

これまでスーツ、ツイードジャケットを紹介してきた銀座のテーラー、羊屋。今回はコートをオーダーしてみました。

メンズのコートといえば、ステンカラーやトレンチコートのコットンギャバジン素材のものを思い浮かべますが、ビスポーク(フルオーダー)となるとウールやカシミヤ素材が一般的です。

その場合の主役はやはりチェスターフィールドコートでしょう。このコートは昼夜兼用の盛装用コートで、比翼仕立てやウエストの絞り、上衿のビロード、胸のポケットなどが特徴です。もっともフォーマル度の高いコートなので、よほどのセレブでない限り、出番は少ないです。

おすすめは気軽に着られる、2WAYコート


羊屋
完成したコートがこちら。コートの下にスーツを着用しています。ホーランド&シェリーのOVERCOATSという生地を使用して、価格28万円(税込)

羊屋がこの秋冬に提案するコートは2モデル。私がお願いしたタイプのコートは、上衿のビロードを省略し、腰ポケットをパッチ&フラップにしたセミチェスターフィールドコート調のものです。

チェスターフィールドコートの簡易版と考えていいです。オン、オフどちらでも着られるコートで、とても現在のニーズに合ったコートというわけです。

もうひとつ提案しているコートが写真のチェック柄のコートです。セミチェスターフィールドコート調のものに比べて、フロントが比翼仕立てではなくボタンが見えるデザインで、袖にストラップ、ポケットも斜めに付いています。こちらの方がカジュアルなデザインです。

羊屋
こちらがもう一つのモデルです。上のモデルより少しカジュアルですね。ホーランド&シェリーのPeacock JacketsVの生地を使用して、24万円(税込)です。

この2モデルのコートはともにオン・オフ関係なく着られるもので、スーツの上から着用しても、休日にニットの上から羽織ってもOKなサイジングになっています。

スーツの上から着るとタイトフィット、シャツの上から羽織ると少し余裕があります。基本的にデザインは決まっていますが、多少の変更は対応してくれます。

次のページは、「ジャケット感覚で着られるコート」です