考え抜かれたデザイン その二


osaku hayato
ヒップの玉縁ポケットもカーブしています。視覚効果を考慮して左右両方にポケットが付きます。

また、一般的にヒップポケットは片方だけ付くことが多いんですが、ジャケットを脱いだときにポケットがないとお尻の大きさが強調されるそうなんです。ということで視覚効果を考えて左右にポケットを付けてもらいました。とくにお尻に自信もないし・・・(笑)。

ちなみにこのポケットの玉縁の幅がすごく細くてびっくり。とても上品な仕上がりです。形状も立体的なヒップに合わせてベルト部分と同様に弓なりにカープしています。

さらに凄いのはポケットがパカッと開かずキッチリと閉じられているところ。もちろん糸で閉じているわけではないですよ。こんなところにも技術力の高さを感じさせます。

osaku hayato
一般的には内側の股下部分にシックという補強布を取り付けますが、穿き心地を優先してあえて省略しています。ライトグレーの細長い布(天狗裏)が股下まで延びているので耐久性はあるのでしょう。

中をひっくり返して見ると股下の補強布(シック)が省略されています。これは穿き心地を考慮してのデザインです。このように何かを省略するというのは大変勇気のいることなんです。

次のページは、「穿き心地とシルエットは?」です