セプティズのシャツ編に続き、今回はチノパン(チノクロスパンツ、チノーズ)編です。

私自身ジーンズよりもチノパンが好きなので、取材していて楽しかったです。シャツ編が変化球だったのに対して、チノパン編は直球勝負。大御所ブランドを紹介します。

●おすすめのチノパン編

ビルズカーキ


SEPTIS
ビルズカーキのM-3モデル。価格28,140円。

ビルズカーキの歴史は比較的若く、ビル・ブラッドレーが大学生のときに創業したブランドです。

第二次世界大戦時のチノパンに心惹かれて、納得のいくチノパンを作ろうとしたことがその始まり。

SEPTIS
内側のポケットです。縫製はさすがに堅牢です。作りを見れば30,000円近い価格も納得です。

そのためか作りは非常にしっかりしていて、このM-3モデル トリムフィットも10.2オンスという非常にヘビーウエイトなもの。

チノパンで価格が安いものは作りもそれなりのものなので、耐久性を考えるならやはりこのあたりのブランドのものにしたいところ。

色はカーキ。価格28,140円

SEPTIS
こちらがビルズカーキ M-3モデルのシルエットです。



次のページは、「バリー・ブリッケン」です