金沢の老舗 金港堂


オーダーワイシャツ専門店として1932年に金沢で創業した金港堂。現在はオーダーシャツだけでなく既製のシャツも展開し、カフリンクスや財布などの小物もセレクトしている。

久しぶりに金港堂のホームページを覗いてみたら、シャツの生地の風合いまで伝わってくる感じ。生地ブランドと種類のセレクトもいい!

ちゃんと、シャツ工房の写真まで載せてくれているので、信頼度も高い。

有り難いことにホームページからシャツを注文することができるのだ。シャツ生地の紹介がとても充実しているので安心できるし、なによりも選ぶ楽しみがある。

ピンクのシャツが好きな私も、白のシャツ生地の美しさに惚れ込んでしまった! そこでビジネスマンの立場になって、おすすめの“白のシャツ生地”を選んでみた。

ぜひ、この機会に一枚オーダーしてほしい。

トーマスメイソンの100番手オックス調変わり織り


トーマスメイソンの100番手オックス調変わり織り
NO-6514054 イタリア・トーマスメイソン社製 100番手オックス調変わり織り 綿100% お仕立て上がり 1万8900円。お問い合わせ 金港堂

トーマスメイソンのファンはほんと多い。クオリティのわりに価格がお手頃なのでしょう。

おすすめはこのオックスフォードのような織り方の生地で、糸の番手が100番手というところが実用的

といってもこのくらいの番手になると糸も細くなるから光沢&高級感も出てくる。

白のシャツ生地のなかでも表情があるので、若いビジネスマンにもいい。個人的にはボタンダウンカラーで作りたいところだが、スーツなら大人っぽいワイドスプレッドカラーがおすすめ。

NO-6514054 イタリア・トーマスメイソン社製 100番手オックス調変わり織り 綿100% お仕立て上がり 1万8900円

エジプト綿100番手双糸のブロードクロス


エジプト綿100番手双糸のブロードクロス
NO-100C 白ブロード 綿100% 100番手双糸 お仕立て上がり 1万1550円。お問い合わせ 金港堂

ベーシックな100番手双糸でもエジプト綿になると、さすがにぐっと高級感が増す。

オックスフォードは通気性があるので快適な反面、ちょっとカジュアルな雰囲気になってしまう。その点このブロードクロスはどんなスーツにも似合う。

価格もお手頃なので最初の1枚はワイドスプレッドカラーで、2枚目はタブカラーでも面白いと思う。

洗濯はできれば自宅でネットに入れて洗って、糊なしでアイロンをかけてほしい(持論)。

NO-100C 白ブロード 綿100% 100番手双糸 お仕立て上がり 1万1550円

次のページは、「シーアイランドコットンのオックスフォードクロス」です