テーラー・ケイドで誂える(フルオーダー)


テーラー・ケイド
テーラー・ケイド スリーピースのフルオーダーの価格21万8400円(税込)~。/ テーラー・ケイド
スリーピース・スーツのフルオーダー(ビスポーク)について、渋谷に店舗を構えるテーラー・ケイド山本祐平氏に尋ねてみた。

「秋冬だけでなく、一年を通してスリーピースの注文はあります。流行やファッションに関係のない、昔ながらの大人のための装いなんです。

軽さがもてはやされる世の中で、重厚で礼を尽くす数少ない服だと思います」

現在主流のツーピースが登場する以前はスリーピースが当たり前だった。

イギリスはもちろんアメリカにおいても同じく、ベスト(ウエストコート)が付いた三つ揃えが紳士のマナーだったのである。

つまりツーピースよりもクラシックでフォーマル度が高いスーツなのである。


フルオーダーならではのシルエット


テーラー・ケイド
作業台。/ テーラー・ケイド

一般にツーピースにベストを付けたらスリーピースと思ってしまうが、フルオーダーの世界では、ツーピースとスリーピースでは、シルエットを変えるそうなのである。

ジャケットの肩線は基本的に同じなのだが、ウエストラインやボタンの高さが微妙に違うらしい。

ベストとのバランスを考えて、もっとも美しく見えるように仕立てるのである。

「ベストが崩れると全体のバランスも崩れてしまいます。ジャケット、パンツ、ベストのどれかが目立っても駄目なんです。

すべてつながって見えるのが理想。そのためにも入念な打ち合わせと仮縫いが必要です」(山本氏)

とくにパンツのシルエットはまったく異なるそうだ。股上を深く(長く)とり、いわゆるハイウエストにして、サスペンダー(ブレイシーズ)で吊るして穿くようにデザインにする。

なぜ股上を深くするかというとベストとのバランス関係にある。股上が深いと、それだけベストを短くできるからだ。

反対に股上が浅いパンツの場合、ベストを長くしなくてはならない。ベストが長いとバランスが悪いのである。

またベストの下の隙間からベルトのバックルが覗かないためにも、サスペンダーはスリーピースの必須アイテムなのだ。


衿付きベストはありか?


テーラー・ケイド
テーラー・ケイドの面々。「ミディアムグレーのフランネルでまず誂えてほしい」/ テーラー・ケイド
クラシックなスーツが好きな人ならわかると思うが、衿付きのベストというのがある。

ただスリーピースで着た場合はクラシックすぎるというか、都会には似合わない。カントリージェントルマンの世界なのである。

ただし、タッターソール柄などのオッド・ベスト(スーツと共地でない替えベスト)には適している。

ツイードジャケットと組み合わせるとぴったりなのだ。


合わせるシャツは何がいい?


テーラー・ケイド
シャツもオーダーできる。ピンホールカラー、タブカラーもできる。個人的にはケイドのストレートカラーが好きである。価格1万3650円(税込)~。/ テーラー・ケイド
スリーピースに似合うシャツというのがある。山本氏によれば「ボタンダウンカラーはツーピースに似合いますが、スリーピースにはカジュアルすぎて不向きです。

ブロードクロスのストレートカラー(いわゆるレギュラーカラー)やウインザーカラータブカラークレリックシャツがおすすめです」

スーツ同様にクラシックなテイストのものが似合うようだ。袖口もダブルにしてカフリンクスを付けてみるのもおすすめ。

カフリンクスといってもダイヤ入りのものは駄目ですよ。渋くシンプルなシルバー製とか、アンティークのものなんかがスリーピースには似合う。

オーダー(ビスポーク)のスリーピース・スーツ
価格20万7900円(税込)~
平均価格帯 24万9900円(税込)~

※生地によって価格が異なる。最初の一着はミディアムグレーのフランネルがおすすめとのこと。
納期約5週間(時期によるが原則的に仮縫いまで2週間、その後3週間)

オーダーのシャツ 価格1万3650円(税込)~

商品のお問合せ先
テーラー・ケイド
東京都渋谷区渋谷3-28-15 第5野口ビル206号
TEL&FAX 03-5467-3088
http://www.tailorcaid.com/

[関連リンク]
男は黙って、ツイード・ジャケット


次のページは、「テーラー&カッターで誂える(パターンオーダー)」です