ブランドの垣根を越えたコラボレーション

アディダス×ディーゼル
展開するモデルは“アディ-タナス”、“アディ-バイカー”、“アディ-マティック”、“アディ-ロナーリー”の4モデル。3万450円~。 Photo:石井幸久
アディダスにとって、ある意味マイルストーンのようなデニムと言えるかもしれません。一言で表現するならば、まさに晴天の霹靂。アディダスとディーゼルという、2つのビッグネームが、なんとジーンズをリリースしました。近いようでいて、まったく異なるフィールドでトップに君臨するブランド同士がコラボレートしたこの作品。今回はこの歴史的デニムに注目してみました。

アディダス×ディーゼル
ベルトループのレザーパッチもご覧の通りの仕上がり。さりげないクリエイティブが完成度の高さを裏付るかのようです。 Photo:石井幸久
こちらのデニム、adidas Originals Denim by Dieselの驚くべき点は、究極とも言える完成度の詰め方にあると言えます。ファブリックから加工、そしてシルエットに至るまで、まさにエクスクルーシブの名に相応しい出来栄え。

まずはじめに注目したいのが、加工。今回、合計4種類のモデルを発表していますが、それぞれリジットカラーからスーパーブラックまで3パターンを採用。特にウォッシュドカラーのものは、いわゆるヒゲやアタリ、そしてくたり感に至るまで、絶妙なコントラストを再現しています。ヒザ周辺のスレ感など、細かく見ていけばいくほどその丁寧な加工ぶりが分かるハズだと思います。

また、各所に仕込まれたそれぞれのブランドのアイコニックなディテールにも注目したいところ。シルエットはモデルごとによって異なりますが、基本的にはスタンダードな形。何気ない絶妙なラインは両ブランドならではのアイデンティティが見え隠れするかのようです。


次のページでは、隠されたディテールに迫ります。