独創的な白いシャツが並ぶ圧巻のディスプレイ


soe shirts
気品あふれる白いシャツが並ぶ姿は、オブジェのようにさえ見えます。必ずお気に入りが見つかるほど、豊富なラインナップです。Photo:Kojirou Inzaghi

ショップ名が示している通り、メインのブランドはsoe shirts(ソーイ シャツ)。白いシャツの新しい可能性を投げかけるコンセプトラインです。ショップの外側からも見える位置に、クリーンなシャツが勢ぞろいしている姿は壮観。ホワイトを基軸としたシャツだけで、今季は25型を展開しています。

soe shirts
職人の手作業で仕立てられたフリルはエレガンスの極致。ラグジュアリーなボリュームが圧倒的な存在感を放っています。9万4500円 Photo:Kojirou Inzaghi

多様なバリエーションの中でも、注力されているデザインのひとつがタキシード・フロント。オートクチュールのようなこだわりが、優雅な表情を生み出しています。

また、前立て部分を折り紙のように折り畳んだシャツも斬新です。そんなドレッシーなシャツが、ところ狭しと並んでいます。

soe shirts
右から、前立てが折り込まれたシャツ5万2500円、優雅なフリル付きシャツ9万4500円、横長のフリルが付いたシャツ7万5600円、プリーツド・ボザムのシャツ6万900円 Photo:Kojirou Inzaghi

襟がポイントとなっているデザインも特徴的です。スタッズが付けられたり、レタードプリントが施されたりと、ハイエンドなカジュアルスタイルを築くのに便利な個性的シャツが揃っています。

さらには、目をこらさないと見えないぐらい淡いブルーの水玉模様が入ったシャツや、ネクタイを肩に掛けているようなトロンプルイユ(だまし絵)がプリントされたタイプなど、オリジナリティあふれる白シャツも並んでいます。

soe shirts
手前(左)から、 レタードプリント入りシャツ1万8900円、スクエアなスタッズ付きシャツ2万3100円、スタッズが並んでいるシャツ2万9400円、襟とカフスが淡いブルーに切り替えられたシャツ2万5200円 Photo:Kojirou Inzaghi

価格帯は、1万6000円台~9万円台程度。ハンドメイドで仕立てられるフリルやプリーツといった装飾入りのタイプは、そのこだわりに比例して価格もハイクラスになっているようです。

また印象的な赤いタグは、白いシャツとの対比で「日の丸」を思わせ、逆説的に海外での高い評価を思い起こさせます。細身のタイプにはギャザーを入れた上でストレッチ素材を採用するなど、着心地に配慮しているのも忘れてはならないポイントです。

次のページでは、soe shirts(ソーイ シャツ)以外のブランドのアイテムを紹介します。