運動会シーズンの秋はもうすぐ。参加する(させられる??)競技がある方もいらっしゃると思いますが、無理をして肉離れなどのケガをしてしまう方も多いようです。特に普段運動不足の方は要注意。

今回は運動不足気味の方に、ケガを防止してさらにより早く走るためのウォーミングアップ方法をご紹介致します。

ウォーミングアップの重要性

トラック
運動不足が気になる方こそウォーミングアップを行いましょう。
ウォーミングアップ=運動前の準備体操で面倒なイメージがありますが、しっかり行えば、ケガの予防にもなり運動能力もアップできます。

【ウォーミングアップのメリット】
1.体温上昇
体温上昇で筋肉への酸素の供給量が増え、筋肉の弾力性も増してケガの危険性が減る。
2.心拍数上昇
心拍数が上がる事で精神的に興奮して、体温が上昇し、肺に十分に酸素が送りこまれることで血液中の酸素濃度が上がり持久力が増す。
3.酸素不足の解消
運動をするには筋肉に酸素を送りこまなければいけませんが、いきなり運動を始めると酸素が十分に肺を通して血液に送り込まれていないので、疲労度が高まるのが早くなります。この状態を避けるためには徐々に運動を始める事が必要です。

体温UPが第一

サウナ
サウナや入浴で体温を上げる事も効果的です。
ウォーミングアップと言うと柔軟体操やストレッチをイメージしてしまいますが、一番重要なのは体温を上げる事。
体温を上げる事で心拍数が増し血液に酸素が送り込まれ、筋肉が柔らかくなり、運動しやすい状態になります。

体温を上げるには色々な方法がありますが、サウナやお風呂などに15分位入り体温を上げるのも効果的。サウナに入って我慢していると心拍数が上がり、息が切れてきた経験はないでしょうか。この状態こそ体温が上がる事で心拍数が増すことで、血液の循環が増して酸素が筋肉に送り込まれている状態です。

この状態はウォーミングアップとしてのジョギング等でも得られますが、普段運動不足の方がゆっくりとは言え走り始めると、それだけで目一杯になってしまうことも考えられるので、万全を期すためにまず外的なサウナと入浴に頼ってみましょう。

次のページでは入浴・サウナの後に行うストレッチをご紹介致します。