肩こりに効くストレッチ オフィス編

前回は自宅で行える肩こりに効くストレッチ法をご紹介しました。今回はイスに座ったままでもできる「オフィス編」3種目をご紹介致します。長時間座っているとどうしても肩こりが出てきてしまうもの。そんな時にはイスに座ったままストレッチをしましょう!(参考写真では床に座って行っていますが、全てイスに座ったままでも可能です。)

ストレッチのポイント

1.痛みを感じるまで伸ばさないでください。
2.呼吸を止めず、自然な呼吸を続けるようにしましょう。
3.1つのポーズは20秒~30秒止めます。各1セットずつ行います。
4.時間がない時はいろいろな種目をやるのではなく1種目をしっかり行いましょう。
※注意 急性の肩から背部にかけての痛みは循環器(心臓)や呼吸器の疾患、首の外科的な疾患である疑いもあります。激しい痛みや、痛みが長期間続いているようでしたら医療機関の受診を強くお勧めします。

1.腕・胸・背中のストレッチ

腕・胸・背中
この姿勢から体を左に傾けると脇の下が伸ばされ背中のストレッチにもなります
・片側の腕を後頭部で曲げます。できるだけ肘を曲げるようにしましょう。
・肘を反対側の手で後頭部に引っ張ります。
・後頭部で肘を後ろに押すようにしましょう。
・余裕がある方は肘を曲げている方の脇の下を伸ばすように体を横に傾けると、背中が伸びてより効果的です。

このストレッチは腕だけでなく、後頭部で肘を後ろに押すことで胸を、体を横に傾ける事で背中も伸ばせる大変効果的なストレッチです。終わったあと腕に血液が流れるのを実感できるのではないでしょうか。時間がない時にはこのストレッチがおすすめめです!

2.背中のストレッチ

背中のストレッチ
襟を持って肘を正面でつけるようにしてから背中を丸めましょう
・背筋を伸ばして座り、両手でシャツの襟を持ちます。
・両肘を体の正面でつけるようにします。
・首の力を抜いて前へ倒し首の後ろを伸ばします。
・背中を丸めます。この時に肘が下を向くようにしましょう。


最後に胸を伸ばすストレッチを次のページでご紹介致します。