心と体を癒すオーガニックコスメ、上陸

4月14日からトゥモローランドで発売となった「ナーラ ヘルト ナチューリクト」。ラムのデザイナーであるグン・ヨハンソンさんがこのコスメを生み出しました。このイタリアから来たのに、北欧の雰囲気をもたたえた新しいコスメの全貌をご紹介しましょう。

今回は、3種類、18のビューティアイテムが上陸。バスジェル(2415円)、バスフォーム(2415円)、シャンプー(2415円)、コンディショナー(2415円)、ボディローション(3465円)、ハンドクリーム(1890円)と充実したアイテムが手ごろな値段でラインナップされています。セレクトショップで発売されるということは、男性が買いやすい状況がうれしいですね。気恥ずかしさゆえ、コスメに手を出せなかったという方、必見です!

まずは気になる中身を香りごとに見ていきます。

朝に使いたいフレッシュな香り

柑橘系の香りが爽やか。万人に愛されるディライトリー シリーズ
まず、男性人気が最も高そうなフレッシュなシリーズ“delightly(ディライトリー)”から。これはオレンジとレモンのエッセンシャルオイルを使用したシリーズ。弾けるようなみずみずしい香りが特徴的です。といっても、スパイスで有名なクローブが使われているので、やや苦味がきいた大人のフレッシュ感に仕上がっています。

このコスメをプロデュースするグンさん曰く「朝のシャワーのお気に入り」とのこと。たしかにガイドも使用してみると、気分がすっきりとして寝ぼけた目をシャキッと起こしてくれるような感覚を得られました。


夜の疲れを癒すハーバルな香り

ハーブのグリーンが心地よい。アロマティックなエンチャントリーシリーズ
次に疲れた現代人にしっくりとくるのがこの“enchantly(エンチャントリー)”のシリーズでしょう。ゼラニウム、ラベンダーなどのハーブのエッセンシャルオイルを配合しており、とても奥深くやさしい香りになっています。タイムのスパイシーさが、張り詰めた心をゆるゆるとほぐしてくれるようです。

先程のグン女史は「瞑想したり、読書するのにぴったり」と評しています。ガイドも夜の入浴に適していると思いました。また、ハンドクリームは会社に置いておいて、残業中に使用すれば疲れを軽減してくれそうです。


女子に大人気の上品なローズの香り

優しくて温かい。ほの甘い雰囲気のラブリーシリーズ
最後にご紹介するのは、優しいローズを使用した“lovely(ラブリー)”のシリーズ。高価なローズの中でも最高級とされるブルガリアンローズを使用しています。今、バラの香りは世界的な流行で、男女を問わずに人気。やや甘い香りではありますが、男性が使うとかなり上級者なイメージになるでしょう。

グン女史も「素敵です!」と太鼓判を押すほど。アロマテラピーの世界ではバラの香りはホルモンに関係し、苛立ちを抑えてくれたりするのだとか。この香りを纏った男性は、一緒にいるパートナーの心を静めることができるかもしれません。カップルでシェアするのに最高でしょう。


今まで駆け足でシリーズとアイテムの紹介をしてきましたが、実はそれだけではありません。このコスメには誕生秘話が隠されているのです。

次のページではデザイナー・グンさんの素顔とアイテムが生まれた背景をご紹介します。