夏の真っ白な肌は、血色が悪く見える

ビーチでこんがり
大人の男は賢く上品に日焼けを楽しむべし
夏になると、オン・オフどちらのシーンでもやはり日焼けしたカラダが健康的でアクティブに映ります。

健康的に日焼けした肌は、ボディラインのメリハリを強調するハイライト効果もあり、男らしく精悍な印象を与えます。さらに、適度な日光浴は骨を強くしたり、うつ病予防などにも効果があると言われていますのでそれらのメリットも上手く活用していきましょう。



日焼けはしっかりコントロールする

油断するとこうなる
UVケアを怠るとこういうことになってしまいます
健康的に見える日焼け肌ですが、これは皮膚に日光が作用して起こる一種のやけどです。

身に覚えがある方も多いと思いますが、長時間直射日光を浴びて急激に日焼けしてしまうと、肌が真っ赤に腫れてヒリヒリ……。油断するとすぐにそのようなひどいやけど状態(サンバーン)に陥ってしまいます。ですから、キレイに日焼けするということは、実は正しく段階的にやけどをコントロールするということなんです。

特に日焼け時のケアを怠ってしまうと、紫外線を過度に浴びてしまいメラニンが沈着して、肌細胞を傷つけてシミやそばかすになったり、最悪の場合には皮膚がんの原因になることもありますので十分注意してください。無闇に黒くすれば良いというのではなく、大人らしく健康的に日焼けを楽しみましょう!

次のページでは、具体的に日焼けケアのポイントを挙げます。