新世代に突入した好敵手たち

BMW3シリーズ
'05年にデビュー、今年('08年)にマイナーチェンジを受けさらなる進化を果たしたBMW3シリーズ

アウディA4
M・ベンツCクラス
アウディA4(写真はアバント1.8TFSI)は’08年、M・ベンツ(写真はC230ステーションワゴン)は'07年にモデルチェンジを受け新世代に
一般的に、買う人にとってはライバルでも何でもないはずだけど、商品企画的、メディア企画的には互いに好敵手と言われる間柄。

BMW3シリーズにとっては、アウディA4であり、M・ベンツCクラスだ。世の中の、多くのミドルサルーンが、FRであろうとなかろうと、3シリーズに対して一定の尊敬を持って作られていることを考えると、ライバルの数はもっと多くなる。例えばシトロエンC5などは、その好例だろう。そんな無数のライバルたちはもとより、A4もCクラスも、 ここに来て世代を更新し、いっきに新しくなっている。

シトロエンC5
今年('08年)の日本カー・オブ・ザ・イヤーでインポート・カー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれたシトロエンC5
そのため3シリーズが、'05年デビューにも関わらず一気に古く感じるようになり、次のフルモデルチェンジまでにはたしてどんなテコ入れ=マイナーチェンジが施されるのか、興味津々だった。新世代のライバルたちにすり寄るのか、独自の世界を貫くのか……。

マイナーチェンジした3シリーズについて次ページ