3代目の新型BMW X3が日本登場

BMW X3

新型BMW X3のボディサイズは、全長4720×全幅1890×全高1675mm。ホイールベースは2865mm。試乗車は「X3 xDrive20d M Sport」


2017年10月19日、3代目となる新型BMW X3が発表され、同日から受注を開始し、12月から順次納車が開始される。納車に先立ち、新型BMW X3のステアリングを握る機会があったのでご報告したい。

BMW X3は、プレミアムミドルクラスのSUVに分類され、ライバルは2016年に発売された人気のメルセデス・ベンツGLCをはじめ、新型にスイッチしたばかりのアウディQ5、ボルボXC60のほか、少し大きくなるがレンジローバー・ヴェラールも新規モデルとして2017年夏に登場したばかり。

新型BMWの試乗車は、ガソリンエンジン搭載モデル(2018年2月から納車予定)よりも先に上陸した2.0Lディーゼルエンジン搭載車の「BMW X3 xDrive 20d M Sport」だ。

ディーゼルエンジンから納車開始

BMW X3

新型BMW X3の価格帯は、639万円~710万円。試乗車の「X3 xDrive20d M Sport」は710万円で、総額92万2000円のオプションを装着


190ps/400rpm、400Nm/1750-2500rpmという2.0Lディーゼルターボエンジンと8ATの組み合わせは、期待を裏切らないトルクフルな走りが魅力。試乗車は、1860kgという重量だが、その大きさと重さをほとんど感じさせない力強い発進性、スムーズな変速フィールがまず最初に抱かせる美点だ。

高速域の伸び、パンチ力は上り坂でも不満なく、今回は試す機会はなかったが、高速道路での巡航も難なくこなしてくれそう。「こなす」どころか、最も得意とするのが高速道路を使ったロングドライブかもしれない。

フットワークは予想よりも軽快ではあるものの、同条件で弟分のX1と乗り比べると、さすがにひと回り大きなSUVであることを意識させられる。X1がヒラリヒラリと舞うようにコーナーをクリアするのに対して、重厚感も伴いながら安定感を保ってコーナーを駆け抜けていく。

また、日本仕様は全車ランフラットタイヤを装着するが、乗り心地はかなり硬め。分厚いブーツを履いたような足の動きで、路面が荒れているとボディが揺すぶられるような動きに見舞われる。

乗り心地に関しては、比較的ソフトなボルボXC60はもちろん、こちらも硬めのアウディQ5/SQ5という新型SUVと比べても少しハード目という印象だ。

上質かつ広いキャビン、ラゲッジが魅力

BMW X3

内装の質感向上もトピックス。運転席側に少し傾けられたコクピット的な設計はBMWの流儀に則ったもの


気になる居住性、積載性に関しては、期待以上。後席は足元スペース、頭上空間ともに十分に広く、身長180cmの人が前後席に座っても後席の膝前には十分な空間が残されるはず。さらに、フロアも高すぎず、とくにフロントドアが大きく開閉するため、SUVで気になる乗り降りもほとんど気にならないだろう。

BMW X3

後席の広さも魅力で、オプションで後席のリクライニング機能も用意される


荷室はフラットで奥行きも十分に確保されていて、先述したようにフロアが高すぎないから荷物の出し入れも楽だ。ランフラットタイヤを採用するため、床下のラゲッジアンダーボックスも工具や洗車用品などが積載できるスペースが確保されている。

BMW X3

奥行きがあり、フラットな荷室スペースも美点。荷室容量は通常時の550Lから後席両側を倒せば1600Lまで拡大する。後席中央部分だけを倒せば4人乗りながら長尺物の積載が可能


乗り心地が少しハードではあるものの、トルクフルな走りを実現するパワートレーンのアップデートや居住性、積載性のさらなる進化など、SUVに求められるスポーツ性能、ユーティリティ性が確保されているBMW X3。ダイナミックな外観も美点のひとつで、ヒットSUVになる素質の高さを感じさせた。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。