一般的リアルで選んだゴルフヴァリアント

ゴルフヴァリアント
旧型と比べ一回り大きくなった外観は、クロームのワッペングリルなど最新VWデザインをもつ

そこで、例えば(=イフ)、自分が今、日常的に乗っているクルマがそろそろ買い替え時だとして(そうでない人が無理矢理エコカーに乗り換えるのは、何だか自動車メーカーの策略にハマったようで嫌だ)、何に買い替えるだろうか、と考えてみる。

さらにもう少し想像を膨らませて、自分に家族がいて、小さい子供がいて、という今とはまるで違う環境を想像して、乗り換えるべきクルマを検討してみる。ちょっとした遊びだが、その方が一般的にはリアルだろう。スーパーカーブームの落し子が古いフェラーリを欲しがるよりも!

こんな条件になるだろうか。クルマ好き、運転好きの自分までを無視することはできないので、とりあえず乗ってて楽しいは重要。その上で、デイリーユースに便利な大きさ、取り扱いの良さは、例えばかみさんが運転するという場合に大切。ユーティリティに優れていて欲しいから、ワゴンなら最高。できれば、タマの休日、ロングドライブにも耐える性能。そして、燃費。

これがまあ、見事に選択肢が少ないのだ。わがまま言い放題の条件だから? いやいや、そんなことはない。これが今、望まれているクルマなんだと思う。

国産車にはまずないよなあ、と思って輸入車ブランドのリストをAから順に眺めながら、やっぱりため息。ホント、ないよね、いい頃合いのクルマが……。と思っていたら、最後の最後、Vで“これがあったじゃない!”となった。

それが、VWゴルフトレンドライン(TSI)のヴァリアント。イフの世界に入り込んで、しばらく乗ってみることに。


ゴルフヴァリアントTSIトレンドラインについては次ページ