2DIN一体機2機種、1DIN+1DINを1機種発表

「ストラーダ」のミドルクラスHDDカーナビステーションは、CN-HX900D(302,400円)、CN-HW880D(260,400円)、CN-HW850D(249,900円)の3モデル。CN-HX900Dが1DINインダッシュAVシステムと1DIN HDDナビ(DVD/CDプレーヤー内蔵)の分離タイプで、CN-HW880DとCN-HW850Dは2DIN一体型。CN-HX900DとCN-HW880Dはブルートゥースを内蔵している。つまり同じ2DIN一体機のCN-HW880DとCN-HW850Dの違いは、ブルートゥースを内蔵しているか、いないかということだ。
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/7/5/06.jpg
CN-HW850Dは2DIN一体ブルートゥース非搭載タイプ

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/7/5/07.jpg
1DINインダッシュAVシステム+1DINナビのCN-HX900D

ディスプレイは全モデル、7型ワイドで高精細なVGAタイプ。もちろん地デジチューナーも内蔵し、家庭用のTVで培ったPEAKSプロセッサーとの相乗効果で、美しい映像で地デジの番組が楽しめる。4チューナー×4アンテナタイプだから、広範囲で12セグが受信可能。今回、同一系列の放送局サーチ機能を新搭載することで、さらに受信可能距離は広がった。

Googleマップ連携がより使いやすく

ナビ機能は使いやすいと好評だった従来モデルのものを引き継ぎ、細部を改良。好評の簡単ツートップメニューはデザインをリニューアルするとともに、検索時のジャンル名称でわかりにくかった点を見直すなど、さらに使いやすさ、わかりやすさの向上を図っている。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/4/5/7/5/08.jpg
ブルートゥース内蔵機ならGoogleマップで検索しマイデータに保存した後、ナビ側のオンラインデータ取得にタッチするだけで情報を転送可能
ストラーダ・ポケットに採用したgoogleマップ連携機能も搭載。ブルートゥース内蔵モデルなら、ブルートゥース携帯電話を使って「おでかけストラーダ」のマイデータに保存した情報を簡単にカーナビに転送できるので、さらに使い勝手がいい。もちろん、SDカード経由にデータ転送も可能だ。

HDDオーディオを高音質化

ストラーダは昨年から音質の向上に努め、レコーディングエンジニア集団「MIXER'S LAB」が音作りを監修した「音の匠」モードなどを採用してきたが、ニューモデルでもそれは継承。また、HDDにリッピングした音楽の高音質化を図るため、最大4,000曲のリッピングができる標準モードのほか、ビットレートを高めて収録曲数を2,500曲に減らした音質優先モードも選べるようになった。ちなみに、圧縮はAAC形式で標準モードが150kbps、音質優先モードでは256kbpsでリッピングを行う。

またiPhone3Gを始め、第5世代以降のiPodの接続に対応。音声のみで、iPod内のビデオをナビ画面で楽しむことはできないが、タッチパネルで快適に選曲等の操作ができる。機種によってはアルバムアートワークの画面への表示も可能だ。

ほかにも5.1chサラウンドプロセッサー内蔵(CN-HX900Dのみ)、SRS CS Auto、SRS WOW HD搭載、ネットワークカメラ連携(ブルートゥース内蔵機のみ)、ライフィニティ&ディモーラ連携(CN-HX900Dのみ)など、サウンド&通信機能に違いがある09年ミドルクラス・ストラーダ。CN-HX900Dは昨年のFクラスそのまんまという感じで、機能を考えればお買い得かもしれない。

参考出品のストラーダFクラス&ブルーレイは次ページ