Web連携ナビなら、コレ!

カーナビとWebとの連携は、検索データなどの情報の鮮度を保つのに有効な手段だ。

従来、カーナビのデータ更新は1年に1回(メーカー純正ナビでは半年に1度のものもある)。そしてデータを書き換えない限り、新しくできたスポットの検索はできない。例えば昨年購入したカーナビで、今年オープンした東京ミッドタウンの検索はできないのだ。しかもその最新版へのデータ更新も、HDDナビならDVDを挿入して数時間待たなければならなかったり、HDDをナビ本体から外してメーカーに送るなど、けっこうな手間がかかる。この?買った瞬間からナビの情報が古くなる?のが、カーナビのひとつの弱点だった。

しかしWebなら情報更新が簡単。そこからダウンロードした地点データをカーナビでの検索に反映できれば、新しいスポットを探せるというわけ。カーナビ内に収録された既存情報以外のスポットが検索でき、より詳しい情報もWeb上で確認できるのが、Web連携ナビの長所である。

Web上の情報内容は各社まちまち

03.jpg
パナソニックのユーザー専用サイト?おまかせストラーダ?
Webの情報の内容と、その情報をカーナビに反映させる方法は、メーカーによって異なる。まず情報の中身だが、ぐるナビなどのグルメサイトと提携した情報を主体に掲載しているのがアルパイン、イクリプス、パナソニック。これらはグルメ情報のほか、観光・土産などの情報も入手できる。またイクリプスはタイムス24と提携し、近くの空き駐車場をリアルタイムで探せるのも特徴だ。

ユニークなのはクラリオン。グルメ番組や情報誌など、TVや雑誌で紹介されたスポットを検索できる。番組名や雑誌名からも検索できるし、グルメなどジャンルからも検索可能。また旅先で、近くにあるTVや雑誌で紹介された店を探すこともでき、TVや雑誌が主要な情報源の人なら、なにかと便利に使える(と思う)。情報更新は月に1回。地点情報だけではなく簡単なガイド情報も入手できるので、カーナビが簡単なガイドブック代わりにもなる。

04.jpg
カロッツェリアの?スマートループドットログ?はユーザー同士で情報を共有
以上は、メーカーがユーザーに対して情報を提供するというスタイルだが、ユーザー同士が情報を提供しあえるのがカロッツェリアだ。スマートループドットログは、サイバーナビユーザー専用のコミュニティサイトで、他のユーザーが書いた日記を読み、そこに行きたくなったら地点をダウンロードという使い方ができる。ユーザー同士が情報を共有できるという点で、メーカー→ユーザーへの一方通行の情報提供よりも一歩先を進んでいるといえよう。また走りながらの渋滞情報のやりとりや、駐車場入り口の情報共有もできる。ただ、ユーザーの情報が頼りなので、発売間もない今はまだ情報が少ないという面もあり、情報が充実するには時間が必要だろう。ユーザーは自分でもせっせと日記をアップしつつ、長い目で情報の充実を待ちたい。

情報の転送方法と操作性もチェック

情報をカーナビに転送する方法だが、SDなどメモリーカードを媒介にして、パソコンでダウンロードしたデータをカーナビに転送するのがアルパイン、クラリオン、パナソニックの3社。イクリプスは携帯サイトで検索し、赤外線通信でカーナビに転送する方法をとる。カロッツェリアはナビ自体、ブレインユニットというコンピュータ(HDD含む)部分が脱着可能という特別な構造を持ち、ブレインユニットをリビングキットという家庭用のクレイドルにセットしてパソコン及びインターネットとつなぐ。

使いやすいかどうかは、ユーザー個人のスキルによるところも大きいのだが、手順がわかりやすいのはメモリーカードを使う方法。とくにパナソニックは、データを収録したSDメモリーカードをナビに差し込むと自動的にメニューが立ち上がるなど、操作が簡単にできるよう工夫されている。

05.jpg
イクリプスの?モクテキチネット?は携帯で検索して赤外線で転送
携帯電話を使った転送は、ふだん携帯サイトや赤外線通信を使い慣れているかどうかで、意見が分かれるところ。

ある程度、年代によってもわかれるようで、20~30代前半までは違和感なく使えるし、ナビを操作するよりも検索しやすいという意見が多かったが、その年代以上になると、操作が難しいという意見が徐々に増えてくる印象だ。カロッツェリアは1度ダウンロードしたデータをナビスタジオという専用アプリケーションを使って保存し直したりする手間が必要で、使い勝手がいいかというと「?」だ。とはいえ、もっとも可能性があるシステムであることは間違いない。

次ページはAV機能重視でカーナビを選ぶ