ショップの腕が大きなウェイトを占める

ショップの選択も重要だ。カーオーディオの場合、ホーム用のスピーカーと違ってあらかじめエンクロージャーに組み込まれているわけではないから、取り付けの善し悪し(とくにスピーカー)が、音質に大きく影響する。したがって、ハイエンドカーオーディオの装着に実績のあるショップを見つけることが、車内で高音質を楽しむ上で大きなウェイトを占めるのだ。
08.jpg
ドアスピーカー取り付けの一例。青いものは鉄板の振動を抑える制振材


ま、このへんのことは、カーオーディオ・ファンにとっては当たり前のことだが、初めてカーオーディオに興味を持った人に向けて念のため。なお、現在、三菱電機ではDS-SA3の取扱ショップを厳選しているとのこと。近いうちに同社サイトにアップされる予定なので、まめにチェックしたい。

高級ホームオーディオに負けない音が車内で楽しめる時代

カーオーディオとともに高級ホームオーディオも扱っているショップの代表が、こう行っていたことがある。「以前は確かにカーオーディオはハイエンド・ホームオーディオにとうてい及ぶレベルでは無かった。でも、タイムアライメントやデジタルイコライザーなどのデジタル技術が進化したおかげで、クルマの中でもハイエンドのホームオーディオに匹敵するレベルの音を再現できるようになった。だからホームとかカーとか分け隔て無く、ハイエンドオーディオに興味をもって欲しい」

もし、試聴室の音がクルマの中で再現できるとしたら、これまでのカーオーディオに対するイメージは大きく覆るだろう。そして、それが可能だというのである。試聴室は、予約すれば試聴が可能とのことなので、興味をあるかたは、実際に自分の耳で音を確かめてもらいたい。

【関連リンク】
・ダイヤトーン(カースピーカー)
・ダイヤトーン(ホーム用スピーカー)
・アルパインF#1Status
・カロッツェリアx
・ケンウッド「TRIOモデル」
・クラリオンDRZ9255SE



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。