基本は上質なセダン、と考えると理解しやすい

トヨタ マークXジオ フロント
マークXという名を持ちますが、シャーシは別もの。FFベースです(4WDもあります)。2.4Lエンジン+CVTと3.5L+6ATがありますが、メインは2.4Lモデル。240Gと350Gは2列目がセパレートタイプで、それ以外はベンチシートとなります
気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はトヨタ マークXジオ(現行)をご紹介したいと思います。みなさんの中には「ジオって何だっけ?」なんて方もいらっしゃるかも知れません。何しろ世界のトヨタにしては珍しく販売に苦戦しています。しかし、本企画を何度もご覧いただいている方ならもうおわかりでしょうが、その人気の低さが中古車ではおいしいのです。

マークXジオが登場したのは2007年9月。セダンの優雅さとステーションワゴンの利便性、さらにミニバンのように3列目シートも備える大人のための上質な車、という何とも欲張りなコンセプトを持つ新しいカテゴリーを訴求してデビューしました。しかし、その欲張りコンセプトがおそらく世間にはわかりづらかったようで、人気は今ひとつ。おかげで中古車の最安値は138万円(240G/2007年式/4.6万km/修復歴なし)と、3年を持たずに新車時価格286万円の半額以下となっています。

しかし、マークXジオの欲張りコンセプト、じっくり見ていくと実は意外とユーザーとしては嬉しいものばかりで、きちんと理解してもらえれば、もう少し売れてもいい車です。何しろ、欲張り=欲しい要素が多いということですから。ましてやそれがもう半額で手にはいるなら、これほどおいしい話はありません。

トヨタ マークXジオ  デュアルトノボード
写真がデュアルトノボードで、セダンモードでの使用時です。外からラゲージ内が見えないと同時に、室内からはあたかもトランクがあるかのように思わせる造りになっています。必要のないときはラゲージの床下に収納できます
セダンとステーションワゴンとミニバンの良いとこ取りを、分解して見ていくと、マークXジオがもう少し理解しやすくなるかも知れません。まずセダンライクな部分ですが、3列目部分をラゲージに格納します。これだけなら普通のミニバンですが、そこにトノカバー(デュアルトノボードと呼びます)が付けられます。でも、それじゃあステーションワゴンですよね。実はこのデュアルトノボードが凝っていて、前半部、つまり2列目シートに近いほうが、あたかもセダンの後席後ろのような硬質な造りになっているのです。さらに350Gと240Gは2列目がセパレートシート。つまり4人がゆったりと乗れて大きなラゲージが付いている車、という使い方が出来るのです。

ステーションワゴン的な使い方としては、件のデュアルトノボードを床下に収納してしまえば、ラゲージとして使える体積が広がります。もちろん2列目を倒せばさらに大きなスペースを確保できます。ミニバンとしては、当然ながら、ラゲージ下に収まっている3列目を引き出せば良いというわけです。

あるいはこう言ったほうがもっとわかりやすいでしょうか。ベースはセダンで、必要に応じてステーションワゴンとしてもミニバンとしても使えます、と。ですが3列目を備えるため、どうしてもミニバンと比較されがちなのでしょう。とはいえミニバンと比較すると、どうしても3列目は狭いし。そこが悲劇の始まりです。次ページでさらに見ていきましょう。