家族で使える戦闘機!? 乗り心地のいいスポーツカー

スバル インプレッサ WRX STI フロント
セダン形状をやめ、WRCでは主流となっている5ドアハッチバックスタイルとなったことで、違和感を感じる人もいるかも知れませんが、これも「速く走るため」のもの。前後のフェンダーの膨らみはその速さを十二分に期待させてくれます
気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はスバル インプレッサ WRX STI(現行)を取り上げます。2007年10月デビューですから、まだ2年も経っていないのに、2007年式/走行距離1.4万kmで248万円と、新車時より100万円以上安くなった中古車が見つかるのです。

新車時価格は365万4000円。これをベースにWRCに参戦するなど、スバルが誇るスポーツカーです。エンジンは伝統の水平対向4気筒。これにツインスクロールターボを備え、デュアルAVCSなどを装備することで308ps/43.0kg-mという大パワー&トルクを発揮します。

またリアサスを従来のストラット式からダブルウィッシュボーン式に、ボディ形状をセダンからハッチバックへと改めるなど、戦闘能力をさらに高めるために大胆な改変に取り組んだ意欲的なモデルです。

スバル インプレッサ WRX STI リア
18インチの鍛造アルミホイールの裏には、ブレンボ製のディスクブレーキ。先代よりエンジン搭載位置を前端部で22mm、デフセンター部で10mm下げ、さらなる低重心化が図られました
ダブルウィッシュボーンへの変更は、足の動きをよくするため。それが乗り心地にも影響を与え、第一級のスポーツカーでありながら実に乗り心地がしなやかになっています。これならファミリィカーとして十分使えます。もうガチガチの乗り心地に家族から文句が出ることはありません。

そのくせ、超パワフル。ちょっと踏むとあっという間に違法速度に達してしまいます。308ps/43.0kg-mの水平対向4気筒は非常にスムーズに回り、特にSIドライブをS#にすると、いつターボが利いたかなんてわからないほど。また、非常によく曲がります。運転の下手な私なんか、ちょっとオーバースピードでブレーキを残しつつカーブに突っ込んでしまったのですが、そんなことがあったのかというくらい、フツーにスッと曲がってくれました。

そんな戦闘モデルで、かつファミリィユースにも使えるWRX STIがもう100万円安。スバルの中古車ディーラーにも2007年式/0.4万kmで270.9万円とほぼ100万円以下の物件があります。もちろん、いずれも修復歴はありません。

WRX STIの魅力を次ページでさらに見ていきましょう。