軽自動車の中において、例外的な値落ちを続けるi(アイ)

三菱i(アイ) フロント
ほとんどの軽自動車がフロントにエンジンを置く中、ポルシェのようにリアにエンジンを搭載したアイ。これにより、前方に十分な衝突安全性を確保しつつ、居住空間を目一杯広げることが可能になりました
気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回は燃費も税金もお得な軽自動車から、三菱i(アイ)をご紹介したいと思います。ランニングコストが安く、手頃な価格の軽自動車は、中古車ではその人気ゆえ、なかなか値が下がりにくいのがネック。例えば軽自動車の代表、スズキワゴンR(旧型)の平均価格は、この3カ月で約2万円しか下がっていません。一方で、三菱i(アイ)は同時期に約4万円下がっているのです。

「2万円と4万円? そんなたいして違いはないじゃん」と思われるかも知れませんが、さにあらず。「水の一滴、岩をも砕く」ではないですが、小さな差がこつこつたまり続ければ、気がつくと大きな差になるのです。

具体例を見てみましょう。59.9万円のワゴンR RR-DI/2004年式/走行距離4万kmという中古車が見つかります。一方アイはというと59.8万円でM/2006年式/走行距離1.9万kmという中古車が見つかります。

三菱i(アイ) リア
残念ながら平成17年排出ガス基準は50%のため、エコカー減税対象ではありませんが、そもそも軽自動車の減税額はあって自動車重量税。ちなみに新車で1万3200円、中古車で8800円です
ワゴンRのRR-DIはターボ車で、新車時価格は約140万円。アイのMもターボ車で新車時価格は約139万円。どうです? 新車時価格はほぼ同じなのに、アイのほうが年式が新しくて走行距離も短い中古車が買えるのです。

ワゴンRのような箱形が軽自動車の王道という中にあって、ワンモーションのスタイルで2006年1月に登場したアイは、まるで未来の乗り物でした。エンジンをリアミッドシップに置くという凝ったつくりは、走行安定性と広い居住空間、軽快なハンドリングを生み出し、見た目同様、従来の軽自動車のイメージを覆した一台です。何しろそのホイールベースは同社のコンパクトカー・コルトよりも長いほど。

にもかかわらす、発売当初こそ売れたものの、次第に王者ワゴンRなど「従来の」箱型やダイハツタントといったハイト系に道を譲るようになりました。世の中で乗られている車のほとんどが、白か黒いボディなのと同じように、日本人はやはり、目立つことが苦手なのでしょうか。

しかしアイの魅力は、上記の通り、見た目だけではありません。詳細を次ページでさらに見ていきましょう。