V12搭載のセンチュリーが100万円台前半で手に入る

トヨタ センチュリー 外観
レクサスにも載っていない、センチュリーのためだけに作られたV12気筒エンジンを搭載。6速ATと相まって、トルクの豊かな、なめらかな走りは、ドライバー自身も癒されるほど。エアサスが至福の乗り心地を提供
新車時からは考えられないほど「美味しく」なった中古車をご紹介しましょう。今回取り上げるのは、現行モデルのトヨタ・センチュリー。日本の誇る最高級セダンで、会社の社長クラスが後ろでくつろぐようなイメージが強く、確かに普通のご家庭では選択肢にまず絶対入ったことのない車だと思います。しかし、中古車として考えると、今これほどおいしい車はなかなかないのではないでしょうか。

エンジンは国産唯一のV12。5Lエンジンです。フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカー系にV12はありますが、トヨタはこれをスポーツカーではなくショーファーカーに載せてしまったところがまず凄いことです。

トヨタ センチュリー 内装
徹底的に静粛性が高められた室内では、所有者以外、V12気筒エンジンが載っているなんて気づかせません
このガソリン高のご時世、もう5LのV12というだけで敬遠間違いなしなのに、ショーファーカーです。中古車価格は暴落と言っていいでしょう。新車時価格が約1000万円(925万~1145万円)だというのに、約1/10の100万円台で何台も見つかります。

では燃費は極悪かというと、10・15モードで7.2km/L(初期型)。ちなみに中古車で人気の高い旧型アルファード3Lモデル(初期型)が8.9km/L、最終型セルシオ(初期型)が8.2km/L。この3台、いずれも100万円前半から狙えます。ほぼ同じ価格で、家族にも周りにも「とうちゃん、やったね!」的な選択肢ですし、燃費もほぼ同じレベルと言ってもいいのではないでしょうか。

さらに言えば、今後ハイブリッドや燃料電池車、電気自動車の時代へ突入することは必死。となればV12なんて乗ることのできる機会はもうこれが最後です。ヘタをすれば、未来には「そんな化石燃料車があったね」というヴィンテージカー扱いが予想されますが、フェラーリやランボルギーニならまだしも、センチュリーはただ朽ちていくような気がしてなりません。みんなが燃費のいい車に目が向いている今こそ、国産唯一のV12を味わうラストチャンスなのです。

そのほかのセンチュリーの魅力は次ページ