不滅の3シリーズに迫る、あのクルマとは?

BMW3シリーズ
コンパクトなサイズで依然人気の旧型3シリーズ
今回の人気車はカーセンサーnetの最近のランキングをもとに選定しました。1位はBMW3シリーズ(旧型)、2位はトヨタエスティマ(旧型)、以下3位スバルレガシィツーリングワゴン(現行)、4位スバルレガシィツーリングワゴン(旧型)、5位トヨタアルファード(現行)、6位ダイハツムーヴ(旧型)、7位ホンダフィット、8位スバルレガシィB4(現行)、9位トヨタハイエース(現行)、そして10位がトヨタセルシオ(最終型)です。日産が一台も出てこないのはいいんでしょうかね!?

それはそれとして、今回の「裏」グルマの定義は、この人気車たちより安いこと。そして何より「いいクルマ」であることです。この「いいクルマ」、というところがこの企画のミソ。ガチンコの「裏」と意外な「裏」の2台を、私とカーセンサー歴10数年の幣誌デスクにして相場担当のハギの2名で選びました。

まずは1位の旧型BMW3シリーズ。人気の秘密は良く走ることとスポーティなブランドイメージ。よくメルセデスのCクラスがライバルと言われますが、それはどうかなぁ。3シリーズとCクラスは迷わんでしょ。イメージ違うし3シリーズより割高だし。
アウディA4
端正なスタイリングとクワトロのクールな走りが人気の旧型アウディA4

我々が目をつけたのはアウディA4(旧型)です。なんと言ってもクールなブランドイメージはもはや欧米ではBMW・メルセデス以上だとか。日本でも確実にファンが増えて来ています。が、Uカー相場はまだそれが織り込まれていません。3シリーズが平均相場250万円に対してA4は225万円。3シリーズの方が3年くらい前からあるので価格差はないように見えますが、実際03年くらいのA41.8T Sラインと同等と思われる320Mスポーツパッケージでも1割以上の差があります。

A4でおススメなのはやはりクワトロモデル。FFのCVTモデルは飛ばすクルマではありません。3シリーズの過剰なまでの鼻の入りはないですが、スタビリティの高さはA4の方が一枚上手。スタイルもシングルフレーム以前の旧型A4の方が端正でスキ、という人が日本人には多くてアウディジャパンは困っているそうですよ!?
マツダRX-8
日本の誇りロータリーエンジンと、4シーターながらクーペスタイルを貫いたデザインで評価が高いRX-8
さて、3シリーズのガチのライバルがA4だとしたら、意外な一台は他に替えがたい走りの魅力を持つマツダのRX-8。世界中が直列4気筒かV型マルチシリンダーになるなかで、シルキーシックスと呼ばれるBMWの直列6気筒とマツダのロータリーは、もはや文化財でしょう。

スタイリングはカッコイイクーペスタイルながら、いちおうリアにドアもあるし大人4人が座れないこともないです。こちらは100万円台のタマも増えてきましたし、お買い得感はさらに上です。いや、高年式の3シリーズにするなら、いっそ新車でRX-8という手もあります。上級グレードでも300万円くらいだし。最新モデルはATが6速になり、スムーズさに磨きがかかっています。

<関連リンク>
カーセンサーで旧型3シリーズを調べる
カーセンサーで旧型A4を調べる
カーセンサーでRX-8を調べる