5ナンバーサイズ最大のボディを持ち、室内も広い!

セレナは小型ミニバンの中で最大の居住空間を持つクルマです。ボディの基本は5ナンバーサイズながら、その枠をいっぱいに生かして大きく広い室内を作りました。同時に、乗り降りや扱いのしやすさ、楽しさなどを備えた典型的なファミリー向けのミニバンで、団塊ジュニア層をターゲットとしています。

今までのセレナの雰囲気を残す20G
外観デザインは2種類用意されていますが、グリルやバンパーなどのデザインが異なる程度で基本的には大きな違いはありません。いずれも広いガラス面積を確保することなどによって、見るからに広い室内を持つミニバンに仕上げているのが特徴です。

セレナはミニバンの中でも乗降性に優れています。運転席へはアシストグリップなしでも自然な姿勢での乗り降りが可能ですし、大きく開くスライドドアによって後席への乗り降りもしやすいのです。幼児を抱えたお母さんが楽に乗り降りできることを目指したとのことですが、それが確かに実現されています。インパネ回りのデザインはセンター部分が特徴的な雰囲気を出したほか、インパネの下に物入れのスペースを設けて上下に2分割したイメージを持たせています。

スポーティのグレードの20RX
室内空間は圧倒的な広さが特徴です。中でも3列目のシートにも十分な広さが確保されていて、大人がしっかり座れるだけの空間があります。3列目の広さはクラス最大です。その3列目のシートは後方から簡単に跳ね上げることができます。バネを内蔵しているので腕力のない女性でも簡単に操作できるのです。

2列目のシートの中央を前後に移動できるようにし、この部分を動かすことで、3列目のシートへのウォークスルーや2列目のシートの左右移動など、自在なシートアレンジや使い勝手を実現ました。ラゲッジスペースの容量も十分に確保されたほか、大容量のラゲッジアンダーボックスも備えています。