6月19日にダイハツからコペンという新しい軽自動車が発売されました。現在ではほかに軽自動車のスポーツカーやオープンカーが全くないので、コペンが大きく注目されてダイハツのイメージリーダーになるのは間違いないでしょう。ほかのメーカーの関係者も『販売台数は知れているだろうが、イメージアップの効果は大きい』と警戒を強めていました。

それはともかく、コペンには電動開閉式のアクティブトップと呼ぶルーフを持つモデルと、ディタッチャブルトップと呼ぶ手動脱着式のルーフを持つモデルの2グレードが設定されています。さらにそれぞれに5速MTと、マニュアル操作も可能なスーパーアクティブシフト付き電子制御4速AT(ESAT)が設定されていますから、全部で4タイプがあります。ところがところが、この4タイプのモデルのすべてに同じ価格149万8000円が設定されているのです。

電動開閉式のアクティブトップと手動脱着式のルーフとではコストも大違いだと思いますし、5速MTとマニュアル操作も可能な電子制御4速ATとでは12万円以上の価格差がついても不思議ではありません。なのにそれらが全部ひっくるめて同じ価格だというのですから、これは不思議です。

そもそも149万8000円というのは、かつて軽自動車のスポーツカーとして存在したマツダのAZ-1がちょうどこの価格でしたし、ビートやカプチーノなどもほぼこの価格でした。ですから、時代が変わったとはいえ、150万円をわずかに切る価格設定は、いかにも軽自動車のスポーツカーのものといえます。電動開閉式のルーフの分を考えたら、むしろ割安と考えるべきなのかも知れません。