カングーの限定車は2タイプ。最初に紹介するのは、昨年も販売された「シトラス」に、専用オーディオセット「サウンドパック」を組み合わせた「シトラスサウンドパック」だ。ベースは観音開きのリアゲートを持つダブルバックドアの4速AT。価格は207.9万円と、ベースモデルの約3万円アップ。100台が販売される。



ボディカラーは昨年と同じシトラスグリーンだが、今回はバンパーモールもこの色で塗られることになった。専用デザインのアルミホイールも標準装備になる。インテリアは、カングーのイラストがかわいらしいライトグレーのシート、専用フロアマットがポイントだ。



サウンドパックは、インパネ上面とルーフエンドにパナソニック製大口径スピーカーを1組ずつ備え、ヘッドユニットも同じパナソニック製にコンバートされる。そのためインパネのセンターにあったオーディオのインジケーターはなくなった。代わりにいかにもカングーらしい、チケットや書類をはさむためのクリップが備わっている。