ルノーは4WDにはあまり縁のない会社と思われがちだが、そんなことはない。その昔は4や12などをベースとしてサンパールというスペシャリストが手がけたモデルがあったし、1970年代末にアメリカのAMCを傘下に収めてからはチェロキーの開発の一部を担当し、ヨーロッパではラングラーともどもルノーのディーラーで販売していた。そして80年代から90年代にかけては、21やエスパスなどに4WDを設定していた。最近では今年のジュネーブショーで、日産のメカニズムを用いたカングー4×4が発表されている。でもSUVとしては初めてのモデルということになるだろう。

今回上陸したセニックRX4は、その名が示すとおりセニックをベースとした4WD。しかし単なる「生活四駆」ではなく、車高を上げ、外観も大型フロント/リアバンパー、サイドガードモール、ハードカバー付きスペアタイヤキャリア、16インチのアルミホイールなどで差別化を図った「ライトSUV」だ。同じグループ内の日産エクストレイルをはじめ、トヨタRAV4、ランドローバー・フリーランダーなどがライバルになる。

ボディサイズは全長4350ミリ、全幅1785ミリ、全高1740ミリ。普通のセニックと比べると高さが120ミリ高くなったほか、長さは180ミリ、幅は55ミリ大きくなっている。オフロードでの走破性の目安となる最低地上高は185ミリとSUVらしい余裕を獲得した。サスペンションが変わっていることもあり、ホイールベースも2580ミリから2625ミリに延長されている。

外観はそれ以外では、フロントグリルがハニカムタイプの専用となり、ドアミラーは大型化された。リアゲートが上下2分割式となったことも特徴。上半分は跳ね上げ式でガラスハッチとして使うことも可能。下半分は横方向に開き、パネルに付いたタッチボタンを押すことで2枚が順に開くようになっている。オプションとして、チルト機構付きの電動デュアルサンルーフを設定していることも特徴だ。室内はシート地が専用のファブリックとなることぐらいが前輪駆動版との違いとなっている。