プジョー好きにはたまらない一台になるはず




パワーステアリングは307と同じ電動油圧式。低速からしっとりした重さで、個人的にはこちらのほうが好みだ。それを切ると、ノーズの重さを感じずに、車体がスッとインに入り込んでいく。で、そのままナニゴトもなく抜けていってしまう。こちらのサスペンションは、電子制御など使っていないのだが、粘り腰はV6以上で、ペースを上げても、路面が荒れていても、切ったとおりに進むだけ。ワゴンボディのリアの重さや開口部の大きさもまったく気にならない。人とクルマが一体になったようなこの走り、まさにプジョーだ。



乗り心地もすばらしいのひとこと。あらゆるショックをやんわりといなし、どんな場面でもフラットな姿勢をキープしてくれる。406をさらに上質に仕立て直した感じで、しなやかを通り越して、なめらかという言葉が使えるほど。あのスーパーハンドリングとこの快適さを両立しているのだから、すごい。プジョーがどうして自社製ダンパーにこだわるのか、その理由がわかったような気がした。



同じ407でも、2.2と3.0とでは、エンジンだけでなくATも、サスペンションも、ステアリングも別物。だから乗り味は微妙に違っている。個人的には、加速なら3.0、乗り心地やハンドリングなら2.2ということで、プジョーらしさにこだわるなら2.2がおすすめだ。「進化した猫足」が、これでもか!というぐらいに体感できる。デザインに違和感があるという今までのプジョー・ファンも、ステアリングを握れば、このクルマが好きになってしまうはずだ。

リンク
ガイド記事:プジョー407,セダン/SW同時に登場
ガイド記事:プジョー407をくわしく紹介
ガイド記事:ロードインプレッション海外編:プジョー407に乗った!
ガイド記事:ニューモデル速報・プジョー407日本上陸
おすすめリンク:メーカー・インポーター
おすすめリンク:プジョーのディーラー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。