プジョー107とシトロエンC1は、ヨーロッパではBセグメントあるいはスーパーミニと呼ばれるクラスに投入される。これでシトロエンはC1/C2/C3、プジョーは107/1007/206の3車種ずつを、このクラスに持つことになった。そういえばルノーもこのクラスは、トゥインゴ/ルーテシア/モデュスの3台体制だ。



ボディは107、C1ともに、3ドアと5ドアがある。サイズは全長3430(107)/3435(C1)mm、全幅1630mm、全高1470mmで、ホイールベースは2340mm。高さ以外はトゥインゴとほとんど同じだ。車両重量は3ドアのガソリンエンジンで790kgと、かなり軽い。