生産はPSAとトヨタの合弁会社、トヨタ・プジョー・シトロエン・オートモビル(TPCA)がチェコに建設した工場で、すでに2月28日にスタートしている。年間30万台作られる予定で、このうち20万台をPSA、残りの10万台をトヨタで販売するとのことだ。



これまでPSAは、エンジンなどを他社と共同開発することはあったが、車体全体までというのは初めてだ。しかも相手はあのトヨタである。その結果生まれたクルマは、はたしてどういう走りを見せてくれるのだろうか。106とサクソの後継車だけに、気になるところだ。



リンク
ガイド記事:PSAとトヨタが共同開発・生産
ガイド記事:シトロエンC2、デビュー
ガイド記事:ロードインプレッション:シトロエンC2でフランスを走る
ガイド記事:ロードインプレッション:シトロエンC2をテストドライブ
ガイド記事:ロードインプレッション:仏車好きのためのC2、1.4VTR
ガイド記事:初の4ケタ・プジョー、1007発表
ガイド記事:パリショー・レポート:プジョーのブースは1007だらけ
おすすめリンク:メーカー・インポーター
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。