スタイリングと+2、さらにはラゲッジスペースをすべて考え、せめぎ合わせた結果、こんな見え方になったのだろう。その甲斐あってか、リアシートにはちゃんと大人2人が座れるし、ラゲッジルームも驚くほど有用だ。スポーツワゴン並みはいけそうな雰囲気がする。

・スキートンネルもついた実用的なラゲッジスペース

・大人2人は十分に座れる。そこがGTVとの決定的な違い

走り出してみよう。動き出した瞬間に、ハンドルやお尻から伝わる車の動き方は、GTAそのものだ。ガツガツ、そしてゴツゴツ。ただし、低速重視のトルク設定(つまり240ps仕様)なため、ギクシャク感はない。実際、街乗り速度から高速域まで、4000回転以下で丁寧にシフトアップしていけば、驚くほどスムースなクルージングが楽しめる。これで、もう少し、乗り心地が洗練されていたならなぁ・・・。

しかし、せっかくのアルファV6である。やはりギンギンに回しておきたい。モンテカルロの峠道で、ようやくアクセルペダルを踏みつける機会に恵まれた。156GTAほどに暴力的ではないが、やはり足元から強引に前へ引っ張られる加速である。ハンドルを通じてドライバーに伝わる力も、現代のクルマにしては相当に強い。それでも、コーナーが迫ってくれば、少し方向性を与えてやるだけで、まるで飢えた動物のようにそちらへと駆け始める。行き過ぎる、ほどである。

・アルファGTを背に編集長3人がポーズ、の図。誰が誰だか分かります?