蠱惑的な小さなアルファ

アルファ ミート
アルファロメオがリリースする新型コンパクトカー、アルファ ミート。スーパースポーツ8Cコンペティツィオーネにインスパイアされたグラマラスなデザインが色気満点。8Cが水のしたたるようなレディとすれば、こちらは小股の切れ上がった小悪魔的美人というところ

アルフィスタやエンスージアストの皆さんのみならず、コンパクトカー好きの間でも日本導入がいまかいまかと待たれているアルファ ロメオ ミート。147よりもひと回り小さなボディに、アルファらしいスタイリングとアルファらしいハンドリングとアルファらしいムードをたっぷり詰め込んだ、待望のベイビー・アルファです。



伝統のGTAモデルも

ミートGTA
ハイパフォーマンス・アルファの称号「GTA」を名乗るミートも登場。これぞエンスージアスト垂涎の“ホットハッチ”です

さて、そんなアルファ ミートですが、一層日本への導入が待ち遠しくなるニュースが飛び込んできました。それが、世界初披露されたばかりのアルファ ロメオ ミートGTAコンセプト。アルファ ロメオのスポーティモデルに冠される「GTA(Gran Turismo Alleggerito、軽量グランツーリスモ)」を名前に戴く、高性能版ミートなんです。

雄弁に語る横顔

R1e
サイドボディにあしらわれた三角形のエアベントは、8Cコンペティツィオーネを彷彿とさせるディテール。方向インジケータはこのベント内に組み込まれています
心臓部には240psを発揮する1.7リッター直噴ターボエンジンを搭載。標準モデルの一番ハイパワーなモデルのエンジンが155psなので、なんとそれよりも85psも強力ということになります。そんなパフォーマンスを映し出すかのように、外見もより精悍な印象に。大きく口を開けたエアインテークやブラック仕上げのヘッドライト回り、サイドボディには8Cコンペティツィオーネさながらの三角形のエアベントがあしらわれています。

R1e
空力性能を追求したリアエンドデザイン。ボディのラインを強調する「Tritecno」ホワイトも特別なカラー
足元には大径19インチ超軽量アルミ鍛造ホイールを採用。大口径のツイン排気パイプがどん、と鎮座するリア周りも迫力満点です。テールゲートスポイラーやルーフにはカーボンファイバーを使うことで、軽量化も実現。路面のグリップ力を向上するべく、ピレリ社が特別開発した新型高性能タイヤも採用するそうです。



とまあ、ヤケドしそうなくらいにホットなコンパクトハッチになりそうな予感のミートGTA。ところで標準のミートってどんなクルマ?という方は、、次のページへ。