目力アップで増した存在感SUV

トゥーラン外観
140psの「トレンドライン」は275万円、170psの「ハイライン」が325万円となる。全長4420mm×全幅1795mm×全高1660mm。全長が30mm伸びただけで幅、高さに変更はない
「スペックや見た目だけではよさは分からない」というのが、フォルクスワーゲン・ゴルフ・トゥーランの印象だ。高い安心感と矢のように進む高速安定性など、乗れば分かる頷きたくなる味。走らせるたびにドイツ車好きや、ツウのための存在ではもったいと思っていたのだが、ゴルフと比べても地味な印象は否めなかった。そこで今回のフェイスリフトとエンジンの一新である。

見違えるほど変わった走り

エンジン
エンジンはFSIがカタログから落ち、スーパーチャージャーとターボの2つの過給器を搭載するTSIのみに。出力の違いで2種類用意
ゴルフ・トゥーランに、スーパーチャージャーとターボのダブル過給器を備えたTSIエンジンが積まれた。ゴルフTSIは1500台の受注台数をすぐにさばき、ディーラーには多くの試乗希望者がつめかけたそう。TISは主に低速域をスーパーチャージャー、高回転をターボが受け持つことで、1400ccという小排気量を補うというもの。しかも、電光石火の変速を可能にする2ペダルMTのDSGとの組み合わせになる。ゴルフと異なるのはFSIエンジンをラインナップから落とし、TSIのみにした点だ。低出力の140ps/22.4kg-mの「TSIトレンドライン」と、高出力の170ps/24.5kg-mの「TSIハイライン」を用意。また今回の改良では、涙目ライトとワッペングリルを採用し、おとなしい顔つきから存在感のある攻撃的なものにフェイスリフトされた。6エアバッグやステアリング操作と連動するダイナミック コーナリングライトを装備するなど、安全装備もアップグレードしている。

次ページでは、走りについて解説。