11月に入ると、日本列島のあちこちで紅葉・黄葉の便りが届くようになります。

関東地方でも標高の高い所の紅葉は終わりつつありますが、代わりにその他の場所で紅葉が楽しめる所が増えてきます。そんな中から、今回は茨城県より紅葉の名所として知られる袋田の滝をご紹介します。

日本三名瀑の一つにも数えられる素晴らしい景観を持つ袋田の滝の周辺では美しい紅葉・黄葉を楽しむことができますよ。

 

日本三名瀑の一つに数えられる美しい滝

袋田の滝(1)

第2観瀑台から見下ろす袋田の滝と紅葉。袋田の滝は4つの段差を糸がひくように流れ落ちる美しい滝です(2015年11月7日撮影)

袋田の滝Yahoo! 地図情報)は、茨城県北西部の大子(だいご)町にある滝です。茨城県内を流れて太平洋に注ぐ久慈川の支流、滝川にあり、幅73メートル、長さ120メートルに渡る大きな滝です。 
袋田の滝(2)

トンネルの一番奥にある第1観瀑台から眺める袋田の滝と紅葉。滝を見上げるように眺められます(2007年11月17日撮影)

袋田の滝の特徴は、大きな岩壁が作り出した4つの段差を川の水がまるで糸をひくように美しく流れ落ちていること。その美しさから日本の滝百選はもちろんのこと、華厳の滝(栃木県)、那智の滝(和歌山県)と共に「日本三名瀑」とまで称されています。

大子町は山間にあることから、冬は特に冷え込みます。そのため袋田の滝を流れる川の水が結氷してしまい、真っ白になるとのこと。また夏の新緑や秋の紅葉との組み合わせの景色も見応えがありますね。
袋田の滝(3)

川の下流にかかる橋から見上げた袋田の滝。どの角度から眺めても絵になる滝ですね(2007年11月17日撮影)

この地を訪れた歌人、西行法師が「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さがわからない」と褒め称えたことから袋田の滝は「四度の滝」という別名を持っています。この「四度の滝」には、"4段に流れ落ちる滝"という意味も込められているとのことです。


 

トンネルの先には、素晴らしい絶景が待っています!

観瀑台に行くための袋田の滝トンネルの入口

観瀑台に行くための袋田の滝トンネルの入口(2015年11月7日撮影)

それでは、袋田の滝へ行ってみましょう。

袋田の滝を正面から見ることができる観瀑台は、バス停留所や駐車場のあるエリアから少し歩く形になります。滝川の上流に向かって右側は川を眺めながら歩ける遊歩道、左側は観瀑台までの近道となる袋田の滝トンネルを通り抜けます。

観瀑台は袋田の滝トンネルの一番奥にあり、川の右側の遊歩道を歩いて来た人も、観瀑台に行くには吊り橋を渡ってトンネルの中に入る必要があります。
袋田の滝(4)

袋田の滝トンネルの一番奥にある第1観瀑台。袋田の滝を間近で眺めることができます(2015年11月7日撮影)

観瀑台を含めたトンネル内は有料エリアになりますが、観瀑台から正面に望む袋田の滝の美しさは必見ですね。 
第2観瀑台へ向かうエレベーター

第2観瀑台へ向かうエレベーター。混雑期は乗車するまで長い時間待つこともあります(2015年11月7日撮影)

長らくの間、観瀑台はトンネルの一番奥にある第1観瀑台のみでしたが、2008年9月に新たな観瀑台として第2観瀑台が完成しました。

第2観瀑台は第1観瀑台より44メートル上に位置しており、トンネルの奥にある2台のエレベーターに乗って向かいます。
袋田の滝(5)

第2観瀑台から見下ろす袋田の滝と紅葉(2015年11月7日撮影)

第2観瀑台からは、第1観瀑台から見えなかった滝の一番上の段を含めて、袋田の滝の全景を見下ろすことが可能になりました。

エレベーターへの乗り降りが必要なため、混雑期は上り下り共に乗車待ちの長い行列が発生します。また第1観瀑台はトンネル内を歩くだけで見に行けますが、混雑期は滝が見える部分に人が集まりますので、滝の観覧には多少時間の余裕をもった方が良いでしょう。

 

続いては袋田の滝周辺の紅葉・黄葉をご紹介しましょう。滝と紅葉・黄葉の組み合わせも楽しめますよ。次ページに続きます。