地味だけど安い

ライフGフロント
売れ線と予想される、もっともスタンダードな「G」グレード。FFモデルは103万4250円という魅力的なプライスタグをつける

新型ライフの写真を見ると、皆さん「けっこう地味なスタイルですね」みたいな印象を受けることだろう。3タイプの顔つきをラインナップしているものの、全体的な雰囲気からして目新しさが無い。しかし! 価格表を見てぶったまげた。

ライフGリア
シャシは新設計。キャリーオーバーをせずに開発者の努力でコストダウンを実現

売れ筋モデルになりそうな「G」は103万4250円。これでCDオーディオから電動格納式ミラー、全面UVカットガラス、同価格帯のライバル車だとオプション設定となるABSや、バックモニター付きの液晶パネルまで付くから凄い。

実車をチェックすると、装備の量だけでなく質感も良好。ダッシュボードのデザインや、ECO走行状態になると色が変わるメーターパネル、シート地に至るまでコンパクトカーに負けていない。色遣いもポップで明るく、イタリア車のようだ。

ちなみにダイハツ・ムーヴやスズキ・ワゴンRを同じ装備内容にすると約10万円程度高くなってしまう。これまでホンダの軽自動車と言えば割高だったものの、新型ライフは初めてライバルよりお買い得な価格を付けてきたのだった。

ライフ・パステル
女性をターゲットにしたパステル。価格はFFモデルで114万4500円。パステルのターボモデルも用意

なんで安く出来たのか? 開発担当者に聞くと「スペックを落とすことなくコストダウンすることを徹底的に考えました」。先代ライフとホイールベースが同じなので、シャシをキャリーオーバーしたのかと予想していたら、そうじゃありませんでした。

「シャシは新設計しました。加工が難しい高張力鋼などを使わず、設計で強度を持たせています。それでいてボディ骨格を10kg軽量化しました」。普通、高張力鋼は軽量化のために使う。それを使わず、さらに軽く作ったのだというからタイしたもんです。

走りの印象は次ページ