私のHPの投稿欄に寄せられた書き込みを見ると、RX-8新型レガシィと比べている人が少なくない。考えてみれば、両車クルマ好きをターゲットユーザーにしている4ドアのスポーツモデルで、価格もイーブン。どうしても気になることだろう。参考になる意見多かったので、皆さん試乗して感じた両車の印象などまとめてみた。

レガシィスペックBには18インチが標準。乗り心地はかなりカタイ
まずレガシィから。意外なことにディーラーが用意している試乗車は、ほとんどGTのスペックB。18インチタイヤ履く、レガシィの中で最もトンがったモデルだ。スバルの開発担当者によれば「後から18インチタイヤを履いたりするユーザーを想定しました。サスペンションまで思いっきりハードにしています」。

ディーラーも「スバルといえば最スポーティモデルが売り!」というイメージが強いのだろう。かくして「思いっきりハードな」スペックBを試乗車に入れてしまったに違いない。ただ18インチタイヤ、乗るとメチャクチャ硬い! 路面のデコボコは拾うし、ステアリングギアレシオだってクイック(ステアリングギアボックスまで専用なのだ!)。乗り心地の評価軸は人によって大きく変わる。新型レガシィのBスペックは、硬い足回り好きだと「なかなか良い」。でも普通の人にとっては「硬い」とか「ハネる」という評価になってしまう。私も「ちょいとばかり硬い」。17インチ仕様のレガシィに乗ると、乗り心地とハンドリングのバランスが取れていて快適です。

RX-8も18インチ仕様の試乗車が多い。レガシィと対照的に乗り心地は「良い」と評判。実際、RX-8の18インチ、私も気にならなかった。走りは「低速トルクが少し痩せている」「9千回転以上で振動出る」「ATの仕上がりがイマイチ」といった点をネガ(弱点)として指摘する声多し。興味深いことにベーシックな210馬力仕様の評判が良い。ほとんど試乗車は無いのだけれど、乗った人はみんな「予想外にパワーあって楽しい。ミッションのタッチも250馬力の6速より良い」。私もテストコースで乗り比べてみたが、140kmくらいまでなら250馬力と210馬力の差を感じず。買うなら210馬力のマニュアルか?


リアシートの使い勝手はレガシィに分がある
ディーラーに行って取材してみた。どちらも大盛況である。しかし成約率ということで見るとレガシィ優勢。興味あって見に来たユーザーは、皆さん肯定的だという。決定的なネガが無いということ。RX-8も「凄く良いクルマですね」という反応に代わりはないけれど「250馬力にAT仕様がない」とか「やっぱりチャイルドシート付けるのに苦労する」に代表される「良いけれど今回は」が多いそうな。「今後も購入を考えます」のレガシィに対し「良いクルマなれど買いにくい」RX-8といった感じ。もちろんマツダは折り込み済み。なにしろスポーツカーを作ったのだから。買った人の満足度は同じくらい高いんじゃなかろうか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。