フランス・リヨン発の日本人デザイナーブランド

里佳クチュール
フランスと日本の融合からできたランジェリー

フランスのリヨンというと 古くから絹織物の街として有名ですが ランジェリーメーカーも多く 毎年9月のはじめに大きなランジェリーの展示会が開かれています。
今回ご紹介するブランド「リカクチュール」は フランス第2の都市リヨンで創業した大和田里佳さんがデザインするランジェリーブランドです。


フランスの伝統と和の文化の融合

里佳クチュール
古くから絹の都として発展してきたリヨンの街

2003年に渡仏した大和田さんは 古きものを現代でも大切に守り続けるリヨンの街で、2005年本格的ランジェリーブランドを展開するために フランス・ランジェリー界の巨匠ダニエル・ペレ氏の門戸をたたきます。

洗練された和の要素とフランス仕込みの繊細なディティール・フランスの伝統と和の文化の融合から創られたリカクチュールのランジェリーは フランス老舗オートクチュールブランドを手掛ける C.C.L.C社を協力工場とし、品質と素材に妥協しない、本物のランジェリーをつくります。


次のページでは、リヨン製の上質なシルクのランジェリーをご紹介します!


【関連記事】
・上品セクシーなレイヤードスタイルに挑戦!
・リヨンからランジェリーの新トレンド
・宮廷からのモードなランジェリー
・パリマダムのランジェリースタイルに学ぶ
・ 大人の女は見えないところにお洒落する