もし今、地震が起きたら?家族全員での地震対策を

日本では、この十数年だけを見ても、阪神・淡路大震災、新潟県中越大震災など、多くの方が大地震の被害に遭われています。 また最近では、東海・東南海・南海地震の発生による大惨事も懸念されていますね。 日本に住んでいる私たちにとって、地震への備え・防災の知識は必須です。

地震は、いつ起こるかわかりませんから、お子さんがいらっしゃるご家庭の場合、 もっとも心配なのは「家族が離れ離れのときに被災したらどうするか」ではないでしょうか。
大地震は明日起きるかも…二次災害も心配
大地震は明日起きるかも…二次災害も心配

●もし、お子さんが以下の状況で被災したら?
  1. 自宅で留守番をしているとき
  2. 通学・帰宅中に道路を歩いているとき
  3. バス・電車に乗っているとき
  4. お友達と外で遊んでいるとき
  5. 塾や習い事の教室にいるとき
  6. 家族と連絡が取れなくなったとき
公共機関や塾・教室では大人の指示に従うこと、道路上ではブロック塀などに近づかないことなど、 お子さんがいる場所によって、どう行動したら良いのかが違ってきますね。
家族と離れて被災したときに「どう行動すれば良いのか」を、子供自身がきちんと判断できるようにしておきたいものです。

「我が家は大丈夫、自分だけは死なない」という漠然とした油断意識は命取りになりかねません。 むやみに脅して怖がらせる必要はありませんが、防災に関する知識・避難法は、折に触れ子供たちに話しておきましょう。

インターネット上には、子供向けの地震・災害対策サイトが色々あります。 防災知識、地震の仕組みなどが、漫画やクイズ形式で分かりやすく紹介されていますから、ご家族で読んでおくとためになります。

子供向け地震・防災サイトは次ページで >>
今晩からできる! ザ・地震対策 - All About 住まいを考える
首都直下地震への心構え7カ条 - All About 賢いマンション暮らし
徹底解析! 日本直撃『大地震』 - All About 地震・自然災害・火事対策
大地震!?使える連絡手段はコレ - All About 共働きの家事
100円グッズで防災対策 - All About 節約・やりくり
地震の影響 子ども達のPTSD - All About 幼児教育