被害に遭わないために


信頼する先生選びが最も安全策なのですが、今回の事件のように“サンタクロースのようなおじいさん先生”が豹変して変質者になってしまうことは予測できません。心配な方は、先生が「女性」であれば性的被害に遭わないですから「女性講師」を選ぶとよいと思います。幸い、子ども英語の先生たちは女性がほとんどです。

よくあるケースとして、日本人女性と結婚して日本に住んでいる外国人夫が夫婦二人で英会話スクールを経営している場合があります。この場合は、結婚して家族のいる家庭であること、妻がいる、子どももいる、近所の評判などの情報から信頼のおける人として選ぶことができるでしょう。

もし、男性講師から自宅に遊びにおいでと誘われたらどうしますか?どんないい人でも、その場合は、けっして子どもだけで遊びに行かせないことです。一人で参加させることもやめましょう。大人が必ず誰か一人、数人の子どもたちと一緒に行くようにするとよいでしょう。

子どもには「決して一人で男性講師の自宅に行くようなことをしないように!」と日ごろからよく言い聞かせておいてください。だいたい、男性講師が女児児童一人に声をかけて自宅に呼ぶこと自体がおかしな行動ですよ。

最後に・・


今回の事件で被害に遭ってしまった子どもたちの気持ちを考えると彼女たちのその後の人生がどうなってしまうのだろうかとショックを受けました。二度とこのような事件が起きないことを祈っています。また、私、子ども英語講師としての立場から、子どもたちが英語を習う環境が安全で安心して学べるものであることを強く望みたい。こんな悲惨な事件は二度と起こしてはなりません。

関連サイト:


「性犯罪からわが子を守れ!」
「性犯罪が多発しているから今考え知らせる!子どもの性に関する疑問に答える」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。