とんでもない事件!激怒!


こんな事件が許されてなるものですか。2010年3月15日にテレビ、新聞、ワイドショーで取り上げられていた「69歳アメリカ人英会話講師の性的暴行事件」。約40人の小学生女児たちが被害にあってしまったという事件です。このアメリカ人講師に対して強い怒りを感じます。

子どもにとって先生は先生です。学校の先生ではなくても先生です。子どもたちは先生の言うことには従うものとして素直に育っていますから、脅された恐怖も手伝って、抵抗もできなかったに違いありません。本当に卑劣な事件です。この記事を書きながらもだんだん腹が立ってきました。許せません!

このような事件が二度と起こらないよう、いくつか考えてみたいと思います。

>>次のページへ。