英語力アップの秘密は音声CD


公文式の英語というと、「読み書き」をイメージしがちですが、現在は「聞く」という学習も充実しています。学習プリントには音声CDが付いていて、その音声CDを何度も聞いてプリントを終了していくのです。担当者の方は、
「音声CDを教材に入れてから子どもの英語能力がグーンと伸びました。」と言っていました。やはり子どもは音から学ぶという証拠ですね。さらに公文式の英語学習は「音読」することが特徴的。声に出して読みたい英語は、有名な英文学の作品です。
マスター
公文式で学習する子どもたちが使用しているイーマスターという音声を聞く道具。操作も簡単。


「話す」ことに観点を置いた学習は?


一般的な英語教室では「リピートする」「リズムよく発音する」「話す」ことに重点を置いているので英語のリズムを身体で表現する活動が多く見られます。一方、公文式の教室では、子どもたちは座って英語プリントをする姿があります。

公文式の英語プリントでは、「話す」ことに比重を置いた教材がありません。これは、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などの「スキル」は、英語初学者のうちに個別に鍛えるものではなく、「話すべきときに話せるだけの英語の基礎力」を高めておくことの方が重要だと公文が考えているからです。

自分の言葉で「話す」というトレーニングは別の機会に設定しなければなりませんね。このため公文式教室では、英語キャンプを設定しています。前回の記事でご紹介したように毎年夏に行われる英語キャンプで英語を話す機会を得ることができます。キャンプではそれまでの学習成果がはっきり表れ、コミュニケーションしている姿を見ることができます。

良い点は、毎日英語を聞いてプリントをする!


プリント
この量を終わればかなりの実力がつく。小学2年生でも中学3年生でも同じプリントをすることができるのが公文式英語の特徴。
公文式の他の教科と同様に、英語プリントも毎日やります。この毎日が英語力を確実にアップさせる良い方法なのでしょう。毎日英語を聞く、書く、音読する、この地道な作業が子どもの日常生活に浸透していき、最終教材までたどり着くという図式です。

自学自習の英語教材プリントは子どもの学習の姿に合わせてゆっくりと改訂を重ねられています。今後も子どもに合わせて改訂教材がたくさん出てくると思います。子どもの要求には即対応している学習現場と教材作成側のコンビネーションの良さをしみじみ感じました。

次回は、海外の公文式教室を訪ねましたのでその記事をまとめたいと思います。

関連サイト:


「くもんの先生という仕事」
「公文式の英語で学ぶ子どもたち」
「公文式の毎年行われる英語キャンプ」
「公文式を体験してみよう」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。